ページの先頭です

将来の国民年金にプラス

[2016年10月7日]

 国民年金定額保険料に付加保険料をプラスして納付すると、老齢基礎年金に付加年金額が上乗せされます。

 付加保険料は1カ月400円です。任意加入のため、加入の手続きが必要です。

▼付加年金受給年額【注1】

 200円×付加保険料納付済月数

 <例>

 付加年金を通算10年間(120月)納付した場合、65歳から受け取る年金は次の通りです。

 付加保険料納付額:400円×120月=4万8000円

 付加年金受給年額:200円×120月=2万4000円(年額)

 ※付加年金受給額を2年間受給すると、納付した付加保険料の総額と同額になります。

▼加入対象者

 ・国民年金第1号被保険者【注2】

 ・任意加入被保険者

▼加入方法

  平日午前8時30分~正午・午後1時~5時に、年金手帳と印鑑を持って、町役場・総合窓口課(2階)へ。

▼そのほか

 ・保険料が発生するのは、申し込んだ月分からです。さかのぼって加入の手続きをすることはできません。

 ・付加保険料の納付期限は翌月末日(休日の場合は翌開庁日または翌営業日)です。納期限を経過した場合でも、期限から2年間は付加保険料を納めることができます。

 ・付加保険料の納付を辞退する場合は、手続きが必要です。

【注1】老齢基礎年金の物価スライドによる増減の影響は受けません。

【注2】国民年金第1号被保険者であっても保険料免除・猶予承認期間中の方、または国民年金基金に加入している方は加入できません。

問い合わせ

◆京都南年金事務所 国民年金課
  電話: 075-643-2547
◆精華町役場 総合窓口課 年金係
  電話: 0774-95-1915
※国民年金基金については京都府国民年金基金にお問い合わせください。
  電話: 075-212-8415 ファックス: 075-212-2880

将来の国民年金にプラスへの別ルート