ページの先頭です

 中学校卒業までの子どもが医療機関などにかかった場合、医療費(保険適用分)の一部負担金を助成します。検診などの保険外診療は対象となりません。

 認定された方には受給者証を交付します。

▼対象者

  15歳に達した日以降最初の3月31日まで(中学校卒業まで)の子ども

  ※申請した日から対象となります(出生の場合は、3か月以内の申請に限り出生日から対象)。

▼内容

  医療費(保険適用分)一部負担金が、1医療機関ごとに入院通院それぞれ1カ月200円となります。

▼申請に必要なもの

 ・受給者証交付申請書

 ・健康保険証(対象者の氏名が記載されたもの)

 ・印鑑

 ・申請者(来庁者)の本人確認ができる書類

医療費給付

 上記対象者で受給者証を交付された方は、京都府内の医療機関などで診療を受けた場合、受給者証を提示すると医療機関などの窓口で助成を受けられます。

 京都府外の医療機関などの場合は、いったん通常の一部負担金を支払った後、領収書を添えて支給申請書を町役場に提出すると、助成金の給付を受けられます。ただし、1カ月ごと、診療機関ごとに申請してください。

電子配信

学校や保育所などでのケガの医療費

 学校や保育所などでの負傷・疾病で、医療機関や薬局で治療や調剤を受けた場合の医療費は、日本スポーツ振興センター(NAASH)の災害共済給付の対象となります。

 町の医療費助成制度(子育て支援医療費助成制度・母子父子家庭等医療費助成制度・障害者医療費助成制度)の助成対象にはなりませんのでご注意ください。

 京都府内の医療機関などで受診する際は、保険診療の一部負担金である3割(就学前の乳幼児は2割)相当額をお支払いください。現在お持ちの受給者証は使用しないでください。その後、同センターへ申請すると、負担相当額の給付金が支給されます。
 給付申請の用紙は、町内小中学校・保育所に置いています。

問い合わせ

精華町 住民部 国保医療課 医療係

電話: 0774-95-1929 ファックス: 0774-95-3974

問い合わせフォーム