ページの先頭です

B型肝炎予防接種定期接種開始

[2016年10月1日]

予防接種法に係る政省令の改正により平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンが定期接種になりました。

▼B型肝炎とは

 B型肝炎ウイルスの感染によって引き起こされる肝臓の病気です。免疫機能の未熟な乳幼児に感染すると、キャリア(※ウイルスが排除されず体内に留まり続ける状態)になりやすく、将来、肝硬変・肝がんのリスクに繋がります。そのため、抗体獲得率が高い0歳の時期に接種をして予防を心がけることが大切です。

▼接種対象年齢

  平成28年4月1日以降に生まれた1歳未満の者 

  (1歳以降に接種しますと任意接種【有料】となります。)

   ※ただし、母子感染予防のための抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチン

     の接種を受ける場合は、健康保険が適用されるため、定期接種の対象外となります。

▼接種間隔・回数

  接種回数:3回

  接種間隔:27日以上あけて2回、1回目接種から139日(20~24週)以上あけて1回

   ※平成28年10月1日以前に、任意接種【有料】で受けた予防接種も上記の接種回数としてカウントするため、不足回数分のみ接種してください。

▼望ましい接種時期

  生後2~9ヶ月未満

▼接種費用

  無料

▼厚生労働省ホームページ

 B型肝炎ワクチンに関するQ&A

  ※厚生労働省リーフレット(B型肝炎ワクチンの定期接種が始まります!)もご参照ください。

平成28年4~5月生まれの方はご注意ください!!

 B型肝炎予防接種は、1回目の接種から3回目の接種を終えるまでに、おおよそ半年間かかります。特に平成28年4月・5月生まれの方で、10月1日以降に初めてB型肝炎予防接種を受ける方は、接種できる期間が短く、1歳までに完了するためには、接種日程の管理が重要となります。お早めに主治医とご相談ください。

問い合わせ

精華町 健康福祉環境部 健康推進課 保健予防係

電話: 0774-95-1905 ファックス: 0774-95-3974

問い合わせフォーム