ページの先頭です

不妊、不育治療費の一部助成

[2017年1月21日]

不妊治療や不育治療を受けている夫婦に対して、その治療に要する費用の一部を助成します。

▼対象者

  精華町に住所を有し、京都府内に引き続き1年以上住んでいる夫婦(事実婚を含む。ただし、一般不妊治療の人工授精の治療費を申請する場合は婚姻の届出が必要)で、各種医療保険に加入している方。

▼助成対象治療

  (1)一般不妊治療

    保険適用のある治療、及び人工授精

  (2)不育治療等(いずれも保険適用のあるもの)

    不育症の原因を特定するための検査及び、不育症の治療

▼助成額

  治療に要する被保険者負担額の2分の1で上限は下記のとおりです

  (1)一般不妊治療
    1年度の診療につき、保険診療のみ申請の場合は6万円(人工授精を含む申請の場合は10万円)
  (2)不育治療等
           1回の妊娠あたり10万円

▼申請方法

  診療日から1年以内に、所定の申請書に必要書類を添えて直接、下記のところへ。

▼提出書類

  ・不妊治療等(一般不妊治療・不育治療等)助成金交付申請書

  ・一般不妊治療医療機関証明書又は、不育治療等医療機関証明書

  ・不妊治療等助成金請求書

▼請求方法

  不妊治療助成金請求書を下記のところへ。

電子配信

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

 

京都府の制度で、体外受精、顕微授精に対する助成制度として「特定不妊治療費助成事業」があります。詳しくは京都府子育て政策課までお問い合わせください。

こども総合対策課 TEL:075-414-4727

 

▼相談窓口の開設

  妊娠や出産、不妊に悩む方を対象に相談窓口が開設されています。

  どんなことでも結構ですからお気軽にご相談ください。(プライバシーは守られます。)

  妊娠出産・不妊ほっとコール(京都府ホームページ)はこちら

 

問い合わせ

精華町 健康福祉環境部 健康推進課 保健予防係

電話: 0774-95-1905 ファックス: 0774-95-3974

問い合わせフォーム