ページの先頭です

 今年の梅雨入りは平年と同じ6月7日と発表。毎朝、ウオーキングをしていますが、10日余り雨は降らず梅雨の気配すら感じません。科学の進歩のなかでも、天気予報の難しさを感じました。

 予報の「予」は「あらかじめ」「前もって」の意味。「予想」「予感」「予言」などがありますが、先人の知恵や習慣も参考に生活すれば良いと思いました。

 嬉しいことが多々ある中で、5月26日、平成29年度第1回地方創生実践塾の初日が本町で開講され、東北や九州からも参加者があったなか、
・精華町の「過去」、「現在」、「未来」
・ 「住民力」と「職員力」で、数々の賞をいただけるまちに
・ 「地方創生」は目先のことだけでなく未来に向かって挑戦すること など

 後世に評価されるまちづくりを目指して頑張っていますと紹介を兼ねて挨拶。

 また同塾において、特別講師の元三重県知事・北川正恭先生は、
・将来を憂い平成7年に三重県知事に就任、「改革なくして政治なし」を貫く
・政治はその時々の課題と向き合い解決
・現在の地方創生は「自己決定」、「自己責任」、「住民自治」の極めて重要な時
・道はひとつ、「ネットワーク」がキーワード、などについて語られました。

問い合わせ

精華町 総務部 企画調整課 秘書係

電話: 0774-95-1900 ファックス: 0774-95-3971

問い合わせフォーム


「地方創生」の機運高まるへの別ルート