ページの先頭です

『離婚届』について

[2017年8月1日]

・戸籍に関する届け出は、夜間や土曜日、日曜日、祝日も受付します。

※ 夜間や休日に届出があったときは、翌開庁日に審査を行い、婚姻届書の記載に不備がなく、不受理申出がされていなければ届出日にさかのぼって受理します。

※ 離婚届書の記載に不備がある場合や住所変更の手続き、児童扶養手当等届出にかかる各種手続きについては、翌開庁日以降の業務時間内に改めてお越しいただく必要がありますのでご了承ください。

届出人・届出場所

届出人

・協議離婚…夫及び妻の双方

・調停(裁判)離婚…調停(裁判)の申立人、または訴えの提起者

 ※調停の成立した日、裁判の確定した日から10日以内に届出されない場合は、相手方から届出することもできます。

届出場所

夫及び妻の本籍地または住所地の市区町村

【精華町に届出するときの窓口】

・平日8:30~17:15は総合窓口課(2階町立図書館の向かい)

・土曜日、日曜日、祝日の8:30~17:15は日直室(2階正面玄関を入って左側)

・上記以外の時間は警備員室(1階北駐車場側にある玄関から入ってすぐ)

必要なもの・届出書類

1.離婚届書

 (様式は全国同じものです。ダウンロードしていただいたものでも構いません)

 ※協議離婚の証人として、成人2名による証人欄への記入及び署名、押印が必要です。

 ※協議離婚以外は相手方の署名及び証人は不要です。

※※※ 消せるボールペンは使えません。ご注意ください ※※※

2.戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)

 ※精華町に本籍のある方が精華町に届け出る場合は不要です。

3.届出人の本人確認書類…(詳しくはこちら)

4.届出人の印鑑

5.協議離婚以外の場合は、裁判所が発行した書類(原本)

(調停による離婚のとき:調停調書の謄本、裁判による離婚のとき:審判書または判決書の謄本と確定証明書)

概要

婚姻関係を解消するための届出です。

離婚には、当事者の話し合いによる「協議離婚」と、裁判所が関与する「調停離婚」や「裁判離婚」などがあります。

離婚後の戸籍

離婚届出後、婚姻の際に氏を変更した配偶者は、原則として元の氏(婚姻前の氏)に戻ります。

「離婚届の際に称していた氏を称する届出(戸籍法第77条の2の届)」を届け出ることで、婚姻中の氏をそのまま使用することができます。

この届は離婚届出後3か月以内であれば、本来必要となる「氏の変更許可」(家庭裁判所)の手続きが省略できます。

婚姻の際に氏を変更した方(配偶者)は離婚後、婚姻前の戸籍に戻るか、新たに戸籍を作るか選んでいただきます。氏を変更しなかった筆頭者の戸籍は変動しません。

離婚届では配偶者の戸籍に変動があるのみで、子の戸籍に異動はありません。例えば、子の戸籍を離婚後の親権者の戸籍に異動させるには、別の手続き(氏の変更、入籍届)が必要になります。詳しくは別途お問い合わせください。

未成年の子

未成年の子がおられる場合、離婚後の親権者を定めてください。

※親権者が決まらない場合、離婚届は受理できません

届書の記載例等

離婚されるときの手続きについて

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

問い合わせ

精華町 住民部 総合窓口課 戸籍住民係

電話: 0774-95-1915 ファックス: 0774-95-3974

問い合わせフォーム