ページの先頭です

せいか健康づくりプロジェクト「せいか食育劇団もぐもぐ」活動報告(ひかりだい保育所)

[2017年10月5日]

せいか健康づくりプロジェクトは、健康づくりに関わる活動を、企画から実施、評価に至るまで住民が中心となって実施しています。現在、6つのプロジェクトが活動しています。

「せいか食育劇団もぐもぐ」は、町内の保育所、幼稚園などの園児たちに、寸劇などを通して「食の大切さ」を伝えると同時に、メンバー自身が子どもたちからパワーをもらい、やりがいや生きがいを感じ、自分たちの健康増進を図っています。

ひかりだい保育所で食育劇を実施しました

 平成29年9月28日(木曜日)曇り

 ひかりだい保育所で約120人の子どもたちと、子育てサークル(9ぴーちゃん、とんとん、どんぐり)のみなさんに「赤、黄、緑でおおきくな~れ!」をテーマに食育劇を実施しました。

 
 今回もいちごの妖精「いっちー」の登場に子どもたちは大喜び!最初のかくれんぼのシーンでは、大きな声を出して元気にいちごちゃんやいちご君、トマトちゃん、なす君を探してくれました。
 博士の栄養の手遊び歌も力いっぱい歌い、博士からの質問にも元気いっぱい答えてくれました。
 公演の最後には、同プロジェクト「精華いちご☆体操」のお兄さんやお姉さんたちが、子どもたちと一緒に「いちご体操」を実施しました。

 

  今年度10年目の活動となる「せいか食育劇団もぐもぐ」。
   劇団メンバーは、こんなことを感じています。 
   劇団員 福味 由利子

 

  今年度2回目の公演にひかりだい保育所を訪問しました。

 この日は予定があるメンバーに代わって代役をすることになりました。初めての役だったので朝からソワソワ、ドキドキ。

演じてみると、これまでとは違う子どもたちの楽しんでいる表情を見ることができました。

 また、その役の苦労なども味わうことができました。

 私がこの劇団に参加したのは、母が亡くなって1年程たった頃です。「何か新しいことを始めてみようかな」と思った時に、以前から活動を続けているボランティア仲間から精華町の「健康増進プロジェクト」の参加者募集案内をもらいました。

各団体が活動報告される中で「食育劇団もぐもぐ」の寸劇を見て「やってみたい!」と思いました。

 入った頃は既に数年活動されていて、その中に溶け込こめるか不安だったのですが、劇をすることで子どもたちの笑顔から元気をたくさん分けてもらうことができるので、活動を続けていく意欲に繋がりました。、また、小学校にボランティアに行った時に、成長して小学生になった子どもたちから「○○幼稚園に来たことありますか?」と声をかけられて「顔を覚えていてくれたんだな」と嬉しくなりました。活動を続けてきて本当に良かったと思います。

  入団当初より、セリフ覚えも悪くなって来ましたが、脳を活性化させるためにも新しい役に挑戦しながら活動を続けていきたいと思っています。

 



今年度2回目の公演、子どもたちの元気な姿に劇団員は力を分けてもらえました。
  

 精華町在住で、劇団の活動に、ご興味のある方は、お問い合わせください。
 

 

ぼく、野菜もりもりたべてるんだ!

ぼく、野菜ももりもりたべてるんだ!

博士の栄養の歌!

博士の栄養の歌!

元気にいちご体操☆

問い合わせ

精華町 健康福祉環境部 健康推進課 保健予防係

電話: 0774-95-1905 ファックス: 0774-95-3974

問い合わせフォーム


せいか健康づくりプロジェクト「せいか食育劇団もぐもぐ」活動報告(ひかりだい保育所)への別ルート