ページの先頭です

せいか健康づくりプロジェクト「せいか食育劇団もぐもぐ」活動報告(ほうその保育所)

[2017年12月18日]

せいか健康づくりプロジェクトは、健康づくりに関わる活動を、企画から実施、評価に至るまで住民が中心となって実施しています。現在、6つのプロジェクトが活動しています。

「せいか食育劇団もぐもぐ」は、町内の保育所、幼稚園などの園児たちに、寸劇などを通して「食の大切さ」を伝えると同時に、メンバー自身が子どもたちからパワーをもらい、やりがいや生きがいを感じ、自分たちの健康増進を図っています。

ほうその保育所で食育劇を実施しました

 平成29年12月7日(木曜日)晴天

 ほうその保育所で150人の子どもたちに「赤、黄、緑でおおきくな~れ!」をテーマに食育劇を実施しました。

 
 今回もいちごの妖精「いっちー」の登場に子どもたちは大喜び!かくれんぼのシーンでは、子どもたちが大きな声で、トマトちゃんたちが隠れている場所を教えてくれました。
 博士の栄養の話のときには、きちんと耳を傾け、質問のときには、大きな声で元気よく答えてくれました。
 最後に、子どもたちは、同プロジェクト「精華いちご☆体操」のお姉さんたちと一緒に、元気いっぱい「いちご体操」をしました。

 保育所の先生方からは、「内容がわかりやすく面白かった。」「色々とリニューアルされていて良かった」などの感想をいただきました。

 

  今年度10年目の活動となる「せいか食育劇団もぐもぐ」。
   劇団メンバーは、こんなことを感じています。 
   劇団員  高鍋房美

    11月の公演が無く2か月ぶりの公演、その上主婦の宿命の「予定外」が続出で代役だらけ、「おはよう~あっという間の2か月」「この前の公演が果てしなく昔に思えるよね~」「今日、大丈夫かな~」とそれぞれが大きな不安を抱いての開演となりました。
 でも、今年は構成が大きく変わり、いつもより練習の回数が多かったおかげで、セリフは一語一句間違えない。また、磨かれたチームワークのおかげで、アドリブ満載。舞台設定、後片付けは回を重ねるごとに「ポールの場所を書いておこう」とか「でき上りの写真を撮っておこう」とか下準備も充実してずいぶんスムーズになりました。それぞれのキャラクターとその役を務める方もかなりの一体感です。

  かくれんぼで始まる今年の舞台は、キャラクターを見つけた時に盛り上がり、昨年までの「虫ばい菌」が「ばい菌くん」に代わって様相も変わりました。しかし、ばい菌くんの登場と共に「歯ぁ磨いてる~」と口をおさえる子。ちゃ~んと昨年の約束おぼえていてくれたんだな~。「赤・黄・緑」の歌や手遊びの時もキラキラした瞳で、自信なさげに一生懸命小さな手やお口を動かしてくれる、博士の問いかけに元気いっぱい答えてくれる最高の充実感!よかった、よかった、ありがとう。                      

 

 精華町在住で、劇団の活動に、ご興味のある方は、お問い合わせください。
 

 

手を洗わないと、ばい菌がついちゃうよ!!

黒子の出番です!

「体をつくるの何でしょう~♪♬そ~れは赤の食べ物よ~♬🎶」みんなで合唱しました!

問い合わせ

精華町 健康福祉環境部 健康推進課 保健予防係

電話: 0774-95-1905 ファックス: 0774-95-3974

問い合わせフォーム


せいか健康づくりプロジェクト「せいか食育劇団もぐもぐ」活動報告(ほうその保育所)への別ルート