ページの先頭です

固定資産評価証明書・公課証明書の郵送請求

[2008年5月1日]

固定資産評価証明書・公課証明書の郵送請求

 固定資産評価証明書・公課証明書の郵送請求は、必要書類等を入れて下記へ請求してください。

 ※固定資産公課証明書にも評価額を記載しています。

必要書類等

▼申請書

 便箋などに次の必要事項を記入した申請書を作ってください。
 もしくは、申請書をダウンロードしてご利用ください。

 ◆「評価証明(または公課証明)交付申請」と記入(用紙の一番上)。
 ◆申請者の現住所、氏名、日中連絡の可能な電話番号
 ◆1月1日現在の所有者の住所、氏名、生年月日(法人の場合は、法人の代表者印が必要です)。
 ◆必要とする証明書の年度

▼添付資料

 ◆申請者と証明を受ける人が異なる場合は、住民票上同一世帯の親族及び相続人以外は委任状、申請者ご本人であることが確認できる書類(運転免許証など)の写し
 ◆競売の申し立てで証明書が必要な場合には、申立書の写し、物件目録などの写し
 ◆相続の場合は、被相続人の死亡を確認できる書類の写し、申請者もしくは委任者が被相続人に対して相続権のあることが確認できる書類(戸籍謄本写しなど)の写し
 ◆賦課期日(該当年度の1月1日)後、所有者等の異動(売買など)があった場合には、登記簿謄本の写し

▼手数料

 証明書一通につき手数料は、300円です。

 年度別、納税義務者別での証明となり、一通につき8物件まで記載できます。 

 一人での所有分と複数人での所有分は別々の証明となり、複数人での所有分であっても持分に相違がある場合は、別々の証明となります。

 例:精華太郎(持分1/2)花子(持分1/2)と精華太郎(持分2/3)花子(持分1/3)である場合は別々の証明となります。

※手数料分の定額小為替(何も記入しないでください)を郵便局で購入の上、同封してください。

▼返信用封筒

 宛名を書いて返信用の切手を貼ったものを同封してください。

 ※宛先は本人申請の場合、原則として申請者の住所です。お急ぎの人は、速達分の切手を貼り、「速達」と赤字で書いていただければ速達で返送します。

 ※電話、ファックスでの申し込みはできませんので、ご了承ください。

 ※税務課へ申請書が届いた時点で証明書を発行し、送付いたします。配達の日数などを考慮のうえ、お急ぎの人はお早めに速達などをご利用ください 。

電子配信

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

請求・お問い合わせ

〒619-0285 (個別番号)
精華町  住民部  税務課 固定資産税係
電話: 0774-95-1916・ファックス: 0774-95-3974