ページの先頭です

消費生活Q&A ~メールによる登録詐欺編~

[2009年11月6日]

Q.ある日「至急ご確認ください」というタイトルのメールが複数、携帯に届いた。誤ってクリックしてしまい、サイトに接続したところ、サイト登録料を請求された。解約には別のサイトに登録しないといけないみたい。どうしたらいいか。

A.慌ててすぐに支払ってしまわないことです。

 最近は、解約するには別のサイトに登録が必要とあり、登録してしまい、新たに別の料金請求をされたという事案が増えています。
 ワンクリックしただけで、有料サービスの契約が成立するとは考えられません。「電子消費者契約法」では、申込内容を確認させるための画面を用意する必要があり、確認がない場合は申し込みの無効を主張することができます。
 業者は巧妙な手口を考え、料金を払わせようとしますので、くれぐれもクリックは慎重に。

 

Q.「あなたの識別番号は○○です」と表示され、個人情報が漏洩したみたいだ。悪用されないか心配。

A.個人情報を入手したように見せ、不安を煽る手口があります。

 インターネットではホームページに接続したとき、一般的にIPアドレスや携帯電話会社名などが相手へ伝わります。しかし、それにより接続した人が特定されるなど、重大な個人情報が伝わることはありません。
 連絡を取ると新たな個人情報を知らせることになりますので、注意しましょう。

 

☆最近では、アダルトサイトのほかに、無料の待ち受け画面サイトや雑誌で紹介されたサイトなどでトラブルにあったとの事例があります。インターネットを楽しむ際には十分注意を払い、興味半分でのアクセスは控えるようにしましょう。

問い合わせ

相楽消費生活センター(相楽会館内)
電話: 0774-72-9955(相談専用ダイヤル)

消費生活Q&A ~メールによる登録詐欺編~への別ルート