ページの先頭です

未公開株の勧誘に注意

[2010年10月1日]

 聞き覚えのない会社から「値上がり確実」などと言って、未公開株の購入を勧められたことはありませんか。

 

最近の状況

 各地の消費生活センターなどに寄せられた、未公開株などの勧誘をめぐる消費者トラブルは、昨年度6000件を超え、過去最高となりました。本年度も、8月現在で既に2000件近くの相談が寄せられています。

 狙われやすいのは、高齢者や過去に未公開株を購入したことのある人です。特に高齢者は、トラブルの認識がないなかで業者の説明を信じてしまう場合もあるので、日ごろから家族や周囲の方のご配慮をお願いします。

 

勧誘の手口

 こういった勧誘には次のような手口があります。

・複数の業者から問い合わせがあり、言葉巧みに未公開株を購入させる「劇場型」

・過去に未公開株の被害に遭ったことのある消費者に、その被害を回復するなどと言って新たに未公開株を購入させたり、手数料を支払わせる「被害回復型」

・金融庁や消費生活センターなどをかたり、消費者を安心させて購入させる「公的機関装い型」

・代わりに購入してくれればお礼を支払うと持ちかける「代理購入型」

 

トラブル回避のために

 トラブルのきっかけは電話勧誘や訪問販売、DMなどです。トラブルにあった多くの消費者が、お金を支払い、業者と連絡が取れなくなった後ようやく被害に気づきます。

 「あなただけがもうかる」というようなうまい話はないので、きっぱりと断り
ましょう。トラブルに遭ってしまった場合には、できるだけ早く消費生活センターにご相談ください。

▼相談日時

  平日 午前9時~午後4時

▼相談場所

  相楽消費生活センター(相楽会館1階=地図

 

相楽会館地図

問い合わせ

◆相楽消費生活センター
  電話: 0774-72-9955
◆消費者ホットライン
  電話: 0570-064-370

未公開株の勧誘に注意への別ルート