ページの先頭です

ついていますか? 住宅用火災警報器

[2011年6月7日]

 あなたと家族の命を守る住宅用火災警報器は、すべての住宅に設置しなければなりません。設置されていないと、条例違反となります(罰則はなし)。

 火災で重要なのは、早期発見です。火災が発生したことを素早く察知することができれば、いち早く避難することが可能となり、命が助かる可能性も高くなります。

 住宅用火災警報器は、焼死防止はもとより、火災早期発見の決め手です。まだ設置していないご家庭は、一日も早く設置しましょう。

 

火災から大切な家族や自分の命を守るため、今あなたにできることがあります

悪質な訪問販売に注意

 全国的に、設置の義務化に伴い、悪質な訪問販売などが増える恐れもありますので、十分ご注意ください。

 

悪質訪問販売

  <悪質訪問販売の例>

   「設置しないと罰金をとられる」とか「消防署の方から来た」などと言って、言葉巧みに話を持ちかけ、無理やり購入をさせるなど。

   ※消防職員が住宅用火災警報器の斡旋、販売などをしたり、特定の業者に販売を依頼することはありません。あやしいと思ったらその場で消防署にご連絡ください (電話: 0774-94-5119)。住宅用火災警報器はクーリングオフ対象商品です。

 

共同購入

 共同購入とは、住宅用火災警報器を自治会など地域でまとめて購入することで、さまざまなメリットがあります。

共同購入のメリッ

 ・個人個人で購入するよりも、購入の手間が軽減。

 ・ご近所で同じ警報音を発する火災警報器を設置することで、火災の際にご近所の方が気づきやすくなる。

 ・まとめて購入することで、価格交渉により安く購入できることが多い。

 ・共同で購入すれば、悪質販売の被害も防止できる。

 ・購入時期がご近所で同時期であり交換時もスムーズになる。

 精華町内でも、共同購入するところが増えています。共同購入について、積極的に検討しましょう。住宅用火災警報器の設置や共同購入に関する相談などは、消防本部へお問い合わせください。

 

購入

<種別>

 住宅用火災警報器には、取り付け面の違いによって天井式と壁掛け式の2種類があり、さらに電源の違いによって電池式とAC100Vコード式があります。電池式の天井取り付けタイプで電池寿命10年のものが現在の主流となっています。

 さらに、感知する方法によって、火災の煙を感知する「煙式」と、火災の熱を感知する「熱式」の2種類があります。

<設置場所>

寝室 : 煙式を設置します。

  寝室や子ども部屋などのほか、就寝に使用する部屋に設置が必要です。

台所 : 熱式または煙式を設置します。

  台所は、煙式も有効です。しかし、特にキッチンの天井付近などに設置する場合は、熱式の設置をお勧めします。煙式は料理などに伴う煙や湯気などによって誤作動する恐れがあるためです。

階段 : 煙式を設置します。

  2階に寝室などがある場合は、階段の天井部分に設置が必要です。

※ 具体的な設置場所などについては、こちらをクリックしてください。

 

取り付け

 天井などに設置するとき、設置場所の材質が板張りや石膏ボードなどの場合もあります。取り付けに際しては事前に取扱説明書をよくお読みになってから取り付けましょう。

 

<取り付けが完了したら>

  住宅用火災警報器の取り付けが完了したら、まず最初に作動テストをしましょう。作動テストの方法は、警報器から垂れ下がっているひもを引っ張る方式や、ボタンを押すものなど、警報器によって違いますので、取扱説明書を確認してください。

 

住宅用火災警報器の設置後

警報器作動

火災のとき

 ・大声で周りに火災を知らせ、119番通報をしてください。

 ・可能なら、消火を行ってください。

 ・消火が難しそうな場合は、速やかに避難してください。

  特に煙が立ち込めてきているような場合は、煙を吸わないように注意してください。 

 

 火災で本当に恐ろしいのは煙です。煙の恐ろしさについてはこちらをご覧ください

 

煙の性質

・火災の煙は、下から天井に昇り、横に広がって徐々に冷えていきます。その後、煙全体が床面に向けて下がっていきます。

・煙の上昇するときの速さは3~5メートル/秒で、横に広がる速さは0.5~1メートル/秒です。

・煙には、一酸化炭素などの有毒ガスが含まれています。

 

関連コンテンツ

記事タイトル

問い合わせ

精華町消防本部予防課予防係

電話: 0774-94-4397 ファックス: 0774-94-5493

問い合わせフォーム


ついていますか? 住宅用火災警報器への別ルート