ページの先頭です

戸籍における「嫡出でない子の父母との続柄」欄の記載変更

[2005年4月5日]

 平成16年11月1日から戸籍法改正により、戸籍における「嫡出でない子の父母との続柄」欄の記載などが次の通り変更されました

▼改正の主な内容

  • 嫡出でない子【注】の出生の届出がされた場合、戸籍の父母との続柄欄には、母が分娩した嫡出でない子の出生順(同じ母の子でも、嫡出子は含まない順)に「長男(長女)」、「二男(二女)」等と記載されます。
  • 既に戸籍に記載されている嫡出でない子の続柄については、現在「男」または「女」とありますが、申出される事により「長男(長女)」、「二男(二女)」等に変更できます。また、戸籍の続柄欄の記載を改めた事実を残さないように、申出により戸籍の再製ができるようになりました。

▼申出をすることができる人

  • 嫡出でない子本人(ただし、15歳未満のときは、法定代理人)
  • 母(本人が15歳以上で、母が本人の現在の戸籍に在籍するとき、または在籍していたときに限る)

▼対象となる戸籍

  申出をする本人が現在在籍している戸籍のみ

▼申出をするところ

  本人の本籍地のある市区町村役場  

  【注】嫡出でない子:父母が婚姻関係にない間に生まれた子のこと。これに対して、父母が婚姻中に生まれた子を嫡出子といいます。


法務省ホームページはこちら

 

問い合わせ

精華町 住民部 総合窓口課 戸籍住民係

電話: 0774-95-1915 ファックス: 0774-95-3974

問い合わせフォーム


戸籍における「嫡出でない子の父母との続柄」欄の記載変更への別ルート