ページの先頭です

 精華町立小・中学校は、住所地により通学区域が指定されています。

 下記の事項に該当する場合には、精華町教育委員会の許可により指定された学校以外への就学(区域外就学)ができます。

 ただし、通学上の安全面や身体的負担・特殊事情の内容などを考慮しますので、申請されたすべてを許可するものではありません。あらかじめご了承ください。

区域外就学校の許可事項及び必要書類について
区域外就学の許可事項許可期限申請に必要な書類
町内で転居するが、転居前の校区の学校へ引き続き通学したい場合・学期途中の転居 : その学期が終わるまで
・最終学年での転居 : 卒業するまで【注1】
◆申請書
◆通学経路図
住居の新築などで転居を予定しているが、転居する学期の初めから転居先の校区の学校へ通学したい場合家屋が完成するまで【注2】◆申請書
◆建築確認の写し、または住居の売買契約書の写し、賃貸契約書の写し
◆通学経路図
住居の建て替えで一時的に転居し、転居先の校区の学校へ通学したい場合建て替えが完了するまで◆申請書
◆建築確認の写し、または住居の売買契約書の写し、賃貸契約書の写し
◆通学経路図
校区内の学校への通学が、身体的な事情により困難で、校区外の学校へ通学したい場合必要とする期間◆申請書
◆医師の診断書など通学が困難であることが分かるもの(身体障害者手帳など)
◆通学経路図
保護者の長期入院や両親の離婚など、生活上の事情により児童・生徒を保護・監督できない状況で、校区外の学校へ通学したい場合事情が解消されるまで(毎年度申請が必要)◆申請書
◆理由が分かる書類
◆通学経路図
家庭の事情で住民登録できないときに、実際に住んでいる校区の学校へ通学したい場合事情が解消されるまで◆申請書
◆現在の住居に住んでいることが分かるもの(住居の売買契約書の写し、または光熱費などの領収書など)
◆理由が分かる書類
◆通学経路図
いじめや不登校などへの配慮が必要で、校区外の学校へ通学したい場合必要とする期間【注3】◆申請書
◆理由が分かる書類
◆通学経路図

※上記以外の書類が必要な場合もあります。

注1】学年末で区切り、学年ごとに期間更新することもありますので、ご了承ください。

注2】完成後(許可期間終了後)も引き続き、その学校へ通学することとなります。

注3】いじめによる場合は、その事情が解消されるまで、不登校による場合は卒業までとなります。

 

▼申請手続き

  手続きは、町役場・学校教育課(3階)で行います。区域外就学の許可事項に該当するかどうかなどをご相談ください。

  区域外就学の許可期限が切れたとき、または特別の事由がなくなったときは、本来就学すべき学校へ帰校(転校)することになります。当初の事情に変更があった場合や転居した場合は、必ず教育委員会に申し出てください。また、申請後の審査の際、学校長などに意見を求めることがありますので、ご了承ください。

▼留意事項

  通学上の安全は、保護者が全責任を負うものとします。通学にかかる費用は、すべて自己負担とします。

  「いじめや不登校などへの配慮が必要で、校区外の学校へ通学したい場合」には、いじめや不登校を受ける「おそれ」があるというだけで許可されるものではありません。

問い合わせ

精華町 教育部 学校教育課 学校教育係

電話: 0774-95-1906 ファックス: 0774-94-5176

問い合わせフォーム