ページの先頭です

国外の「帰国転入・出国転出」届け出

[2017年8月3日]

※外国籍の方も在留カードまたは特別永住者証明書を所持している場合は届出が必要です。詳しくはこちら

※届出にはマイナンバーの通知カード・マイナンバーカード・住民基本台帳カードが必要です。(所持している方のみ)

国外からの「帰国転入届」

 

  • 帰国された日(パスポートの帰国スタンプの日)から、または精華町に住み始めた日から14日以内に「転入届出」をしてください。
  • 帰国後、一定の日数を経ているときは、窓口にてご相談ください。
  • 転入届と同時に、印鑑登録をされる方は、印鑑登録のページ(こちら)を参照してください。

 

届出人

  • 帰国した本人
  • 新しい住所の世帯主または同一世帯の方

  ※上記に当てはまらない方が届け出る場合は委任状が必要です。

届け出に必要なもの

▼転入届出書

  下からダウンロードできます

▼パスポート

  転入される方全員のパスポート(原本)を持参してください

戸籍謄本・附票

  転出証明書の代わりに、戸籍および戸籍の附票(*)が必要です
  いずれも本籍地のある市区町村役所へ予め請求してください

 (*)転入される方全員の分が必要です。ただし次の場合、戸籍・附票の添付は省略できます
  (1)国外へ転出される直前の住所が精華町であった場合
  (2)本籍地が精華町の場合

▼届出人の本人確認書類

  届出人が転入する本人の場合はパスポートで結構です
 ※詳しくは、本人確認のページ(こちら)を参照してください

委任状

  代理人が届け出をする場合は、委任する人の氏名・住所・生年月日、代理人の氏名・住所を記入した委任状が必要です(下からダウンロードできます)

▼出国前に還付されたマイナンバー通知カード、またはマイナンバーカード

  平成27年10月5日以降、日本国内に住民登録のあった方はマイナンバー(個人番号)が付番されています。出国前の市町村で一旦返納しますが、返納届出後、出国の間マイナンバーを確認できるよう、出国する人に還付いたします。帰国後は新しい通知カード、またはマイナンバーカードを交付するため、国外転出の記載のあるものは転入届出時に返納してください。

 

電子配信

国外への「出国転出届」

 

  • 精華町から国外へ出国される場合、出国前にあらかじめ「転出届」をしてください。
  • 既に国外へ出国済みの場合は出国の日から14日以内に、また14日を経過している場合もできる限り早く届出を行ってください。
    ただし1年未満の海外出張や留学等の場合は届出を要しません。
  • 短期出国の予定が1年以上に変更となった場合は、その時点で届け出を行ってください。
  • 転出届は郵便でも可能です。ただし、マイナンバーやそのほか手続が必要な場合があります。

 

届出人

  • 出国する本人
  • 今までの住所の世帯主または同一世帯の方

   ※上記に当てはまらない方が届け出る場合は委任状が必要です

届け出に必要なもの

転出届出書

  下からダウンロードできます

届出人の本人確認書類

  原則として、官公署が交付した顔写真付きのもの
 ※詳しくは、本人確認のページ(こちら)を参照してください

委任状

  代理人が届け出をする場合は、委任する人の氏名・住所・生年月日、代理人の氏名・住所を記入した委任状が必要です(下からダウンロードできます)

▼パスポート

  既に海外へ出国済みの場合のみ(出国した本人と、出国日の分かるページ:写しも可)

▼そのほか

  印鑑登録証・せいか町民カード・住民基本台帳カード(交付者のみ)・国民健康保険証・年金手帳など(加入者のみ)

▼マイナンバーカードまたは通知カード

  (海外滞在時にマイナンバー確認できるよう、海外に転出した旨を記載してお返しします。)

電子配信

問い合わせ

精華町 住民部 総合窓口課 戸籍住民係

電話: 0774-95-1915 ファックス: 0774-95-3974

問い合わせフォーム


国外の「帰国転入・出国転出」届け出への別ルート