ページの先頭です

貴金属などの訪問買取に注意

[2012年5月2日]

〈Q〉

 「いらない貴金属はないか?」と、突然訪問してきた業者。最初は断っていたが、「今は金の相場が上がっているので高く買う」としつこく言われた。

 そこで、使わずにしまっていたネックレスと指輪を見せた。買い取りの値段は思ったより安かったが、断りにくかったので買い取ってもらった。

 しかし、その後よく考えると、安すぎるのではないかと感じた。買い戻したいが業者の連絡先も分からない。

 さらに、売るときに身分証の提示を求められ免許証を見せたので、個人情報が悪用されないか心配だ。

〈A〉

 業者の名前や連絡先も分からず、取り戻せないケースがほとんどです。

 買い戻したいと思っても、書面がないと業者の名前や連絡先も分かりません。また、1万円以上の買い取りは身分を確認しなければならないと法律に定められています。

 このほか、時計や着物など金属などの訪問買取に注意を見せてほしいと言ってきたり、家に上がりこんで、売るように脅したりすることもあります。

 こういったトラブルの増加を受け、今後は訪問販売などと同じように不当な勧誘行為
が規制されます。クーリングオフ【】も可能になります。

 しかし、強引な業者に対しては、買い取ってもらう意志がないのであれば、きっぱりと断りましょう。

 断っても居座ったり、恐怖を感じたりしたら、すぐに警察に連絡をしましょう。

 消費生活に関する相談や苦情は、できるだけ早く相楽消費生活センターへ連絡してください。相談日時は、毎週月曜日~金曜日の平日午前9時~午後4時です。

】訪問販売などで契約をしても、一定期間は無条件で契約を解除できる制度です。

問い合わせ

相楽消費生活センター(相楽会館内)
電話: 0774-72-9955(相談専用ダイヤル)

貴金属などの訪問買取に注意への別ルート