ページの先頭です

「貸出サービスについてのアンケート」の結果報告と貸出冊数・予約件数変更のお知らせ

[2013年5月20日]

 精華町立図書館では、平成24年9月11日から平成25年3月末までを試行期間として、貸出冊数・予約件数を変更し、また、10・11月にアンケート調査を実施し1,158件のご回答をいただきました。この結果を受け、平成25年4月から、下記の通り変更いたします。

 (1)貸出冊数は10冊まで。

 図書館では、これまでも「貸出冊数をもっと増やしてほしい」との声をお聞きし、また、新館開館10周年を過ぎ、蔵書冊数も16万冊を超えたことから、貸出冊数を増やすことを検討しました。今回のアンケートの結果でも、「試行の10冊までとする」が55.1%と過半数の支持を得たことから、図書・雑誌の貸出冊数を、「10冊まで」に変更します。

 (2)視聴覚資料(CD,DVDなど)の貸出点数は2点まで。
  (本とは別。精華町に在住、在学、在勤の方のみ)

 図書館では2点が妥当だと考え、アンケートの結果も、「今まで通りの2点まででよい」が73.7%となっています。したがって、視聴覚資料の貸出点数については「図書・雑誌とは別に2点まで」と変更します。

 (3)貸出期間は2週間です。

 図書館では2週間で妥当だと考え、アンケートの結果も、「今まで通り2週間でよい」が81.0%となりました。したがって、貸出期間の変更は行いません。

 ④予約の受付件数は12件(うち視聴覚資料2点)までに戻します。
  (精華町に在住、在学、在勤の方のみ)

 今回の試行では、貸出冊数と連動して予約件数も増やしました。しかし、アンケートの結果では、「今まで通り12点まででよい」が62.2%、「試行の20点までがよい」が17.4%、「無回答」が17.5%となりました。予約件数を増やすことで、人気図書の予約が更に多くなり、順番待ちの期間が長くなることを心配する意見も多くありました。また、「無回答」の割合が多く、「予約を利用していない」「分からない」との意見も多くいただきました。

 図書館では、試行期間中の予約状況やアンケート結果から、今回は予約件数を増やすことよりも、まず今までよりもわかりやすい「予約」サービスの周知に努めていきたいと考えます。したがって、試行前の「12件(うち視聴覚資料2点)まで」に戻します。

 アンケートへのご協力、ありがとうございました。

 なお、「貸出サービスについてのアンケート」の調査結果について詳しくは、下記のファイルをご覧ください。

 また、アンケートでいただいたご意見からいくつかの項目についてお答えした「図書館サービスQ&A」はこちらをご覧ください。 

「貸出サービスについてのアンケート」の調査結果について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

問い合わせ

精華町 教育部 生涯学習課 町立図書館(図書係)

電話: 0774-95-1911 ファックス: 0774-95-3976

問い合わせフォーム


「貸出サービスについてのアンケート」の結果報告と貸出冊数・予約件数変更のお知らせへの別ルート