ページの先頭です

要介護認定~介護保険のサービス利用をご希望の方へ~

[2016年1月6日]

 サービスを利用するためには、精華町に申請して、介護や支援が必要であると認定されることが必要です。

 サービスを利用するまでの手続きは次のようになります。

 

1 認定の申請をします。

 サービスの利用を希望する人は、認定の申請をしてください。

 申請は、本人または家族のほか、成年後見人、地域包括支援センター、省令で定められた居宅介護支援事業者や介護保険施設などに代行してもらうこともできます。

 申請書には、主治医の氏名、医療機関名などを記入します。

申請に必要なもの

〇要介護・要支援認定申請書 ※申請書には主治医の氏名、医療機関名の記入が必要です。

〇介護保険の保険証

〇健康保険の保険証(第2号被保険者(40歳から64歳)の場合)

申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

2 調査と審査が行われます。

(1)訪問調査及び主治医の意見書

〇訪問調査

 心身の状況を調べるために、本人と家族などから聞き取り調査などをします。

※全国共通の調査票が使われます。

〇主治医の意見書

 主治医から介護を必要とする原因疾患などについての記載を受けます。

(2)一次判定(コンピュータ判定)

 調査票をコンピュータ分析し、要介護状態区分を導き出します。

(3)二次判定(介護認定審査会)

 訪問調査の結果と主治医の意見書をもとに、保健、医療、福祉の専門家が審査します。

3 認定結果をお知らせします。

要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5

 介護保険の対象者で、介護保険のサービスによって、生活機能の維持・改善を図ることが適切な人などです。

→介護サービス(介護給付)を利用できます。

 居宅介護支援事業者などに依頼して利用するサービスを具体的に盛り込んだケアプランを作成し、ケアプランに基づいてサービスを利用します。

 介護保険居宅サービス計画作成依頼届を提出してください。

要支援1 要支援2

 介護保険の対象者で、要介護状態が軽く、生活機能が改善する可能性の高い人などです。

→介護予防サービス(予防給付)を利用できます。

 地域包括支援センターが中心となって、介護予防ケアプランを作成するなど、住み慣れた地域で自立した生活を続けていけるよう支援します。

 精華町地域包括支援センターへご連絡ください。(電話:0774-94-4573)

非該当

介護予防事業(地域支援事業)が利用できます。詳しくは介護予防事業をご参照ください。

問い合わせ

精華町 健康福祉環境部 福祉課 高齢介護係

電話: 0774-95-1904 ファックス: 0774-95-3974

問い合わせフォーム


要介護認定~介護保険のサービス利用をご希望の方へ~への別ルート