ページの先頭です

土砂災害から身を守るために

[2014年9月12日]

 近年、大雨、集中豪雨や台風によって、各地で土砂災害が発生し、多くの被害が発生しています。山間部にお住まいの方は、土砂災害から身を守るために以下の点をご確認ください。

住んでいる場所が、土砂災害危険箇所か確認する

 土砂災害発生の恐れのある地区は「土砂災害危険箇所」「土砂災害(特別)警戒区域」とされています。普段から自分の家が土砂災害危険箇所などにあるかどうか、国土交通省砂防部のホームページ(別ウインドウで開く)などで確認しましょう。精華町の防災マップ(別ウインドウで開く)でも確認することができます。

※土砂災害は土砂災害危険箇所など以外でも発生することがありますのでご注意ください。

雨が降り出したら土砂災害警戒情報に注意する

 土砂災害が発生する多くの場合は「土砂災害警戒情報」が発表されています。雨が降り出したら、土砂災害警戒情報に注意しましょう。

 土砂災害警戒情報は、気象庁のホームページ(別ウインドウで開く)や各都道府県の砂防課などのホームページで確認できるほか、テレビやラジオの気象情報でも発表されます。

土砂災害警戒情報が発表、町からの避難勧告等が発令されたら早めに避難する

 土砂災害警戒情報が出たら、早めに近くの避難所など安全な場所に避難しましょう。「避難準備情報」「避難勧告」「避難指示」の情報を、広報車による巡回やホームページ、NHKのテレビのテロップなどで発信します。

 また、土砂災害の多くは木造一階で被災しています。豪雨などでどうしても避難所への避難が難しいときは、近くの頑丈な建物の2階以上に緊急避難してください。

 それも難しい場合は、がけから離れた部屋や2階など、家のなかでより安全な場所に避難しましょう。

避難関連情報
区分発令時の状況住民がとるべき行動
避難準備情報災害時要援護者、特に避難行動に時間がかかる住民が避難行動を開始しなければならない段階であり、人的被害の発生する可能性が高まった状況・災害時要援護者、特に避難行動に時間を要する住民は、避難施設などへの避難行動を開始(避難支援者は支援行動を開始)
・上記以外の住民は、家族との連絡、非常用持ち出し品の準備など、避難準備を開始
避難勧告通常の避難行動が可能な住民が避難行動を開始しなければならない段階であり、人的被害の発生する可能性が明らかに高まった状況通常の避難行動ができる住民は、避難施設などへの避難行動を開始
避難指示前兆現象の発生や、現在の切迫した状況から、人的被害の発生する危険性が非常に高いと判断された状況避難勧告などの発令後で避難中の住民は確実な避難行動を直ちに完了

避難所と避難経路

 土砂災害に関する避難所については各地区の集会所を予定しています。

 避難所までの避難経路については、普段からご家庭や地域で話し合い、安全な経路を考えておきましょう。

精華町防災マップ

 町の防災マップ(別ウインドウで開く)では、土砂災害危険箇所、避難所の位置情報、土砂災害に関して気をつけることなどが掲載されています。

問い合わせ

精華町 総務部 危機管理室 危機管理係

電話: 0774-95-1928 ファックス: 0774-93-2233

問い合わせフォーム