ページの先頭です

ごみの収集実績のお知らせ(平成29年9月実績)

[2017年10月25日]

1人1日あたり30グラムの削減の目標達成に向けて

 平成29年3月に見直しを実施した『精華町一般廃棄物(ごみ)処理基本計画(別ウインドウで開く)』では、計画目標年次(平成38年度)に、平成27年度と比べて1人1日あたりのごみ総排出量で、約2.6%削減と資源化率の約3%向上を目指しています。

 目標達成に向け、家庭系ごみの発生抑制や資源の分別により、1人1日あたり30グラムの減量を目指していることから、住民の皆さんのご協力が不可欠です。

 そこで、毎月町がどれぐらいのごみを収集しているのか、前年同月との比較を行いながら、ごみ減量に向けて考えていくためのひとつの情報としてお伝えします。

前年同月の収集量との比較

 平成29年9月のごみ収集量と昨年9月のごみ収集量の比較をお伝えします。

 平成29年9月のごみ収集量は、昨年の9月実績と比べ、項目により増減はあるものの、全体量としては11,580キログラムの減となっています。

 これは、9月の『燃やすごみ』の収集量が、前年度実績に比べ、大きく減っていることが影響しています。

 引き続き、ごみを減らす取り組みに対するご協力をお願いします。

 特に、『燃やすごみ』の重量の大部分を占める「生ごみ」は、水切りを徹底することにより、大きく重量を減らすことにつながります。

 水分が多いと、ごみが重くなるだけでなく、ごみ収集車で運ぶ時に余分に多くのエネルギーが必要となるだけでなく、焼却炉でも燃えづらいため、焼却時にも余分に多くのエネルギーが必要必要となります。

 ごみの減量化に向け、ご家庭における「生ごみ」の水切り徹底にご協力をお願いします。

 また、「粗大ごみ」で出される物のうち、まだ使用可能な物はリユースを図ったり、買取店舗を利用することで排出量を減らすことができます。

 

ごみ収集量比較表(数値は何れもキログラム)
 燃やすごみカン・ビン類

ビニール・プラスチックごみ

プラスチック製容器包装粗大ごみペットボトル収集合計

本年9月回収量

470,15041,72024,49048,27024,6106,810616,050
前年9月回収量484,39039,46023,16050,10023,3607,160627,630
増減比較-14,240+2,260+1,330-1,830+1,250-350-11,580

1人1日あたりのごみ排出量の比較

 平成29年9月の1人1日あたりのごみ排出量は、平成28年度年間実績と比べた場合、7グラム増えています。

 しかしながら、昨年9月の1人1日あたりのごみ排出量実績と比べた場合、12グラム減っており、9月は年間の平均のごみ排出量と比べ、ごみが多く出される月ですが、昨年に比べた場合、ごみが減っていることが分かります。

事業系及び集団回収を除いた1人1日あたりのごみ排出量(数値は何れもグラム)
 住民1人1日あたりのごみ排出量

平成29年9月実績

528
平成28年9月実績540
平成28年度年間実績521

目標達成には、1人1日あたり20グラム(およそプチトマト2個分)の削減が必要です!

 9月の1人1日あたりのごみ排出量からは、『精華町一般廃棄物(ごみ)処理基本計画』で掲げた目標の達成に向けて、私たち1人1人が「生ごみの水切り」の徹底など、まだまだごみを減らす余地が残っていることが分かります。

 皆さんの家庭でできる、ごみ削減に向けた取り組みにご協力ください。

平成28年度の年間ごみ収集量について

 平成28年度の年間ごみ収集量は、次のとおりです。

 なお、月別の年間ごみ収集量は、以下のPDFの資料でご確認いただけます。

平成28年度ごみ収集量(数値は何れもキログラム)
 燃やすごみ カン・ビン類ビニール・プラスチックごみ プラスチック製容器包装 粗大ごみ ペットボトル 

収集合計 

平成28年度年間回収量  5,351,420 459,690261,940 598,050 405,090 60,870 7,137,060 

平成28年度 年間ごみ収集量

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

京都府内の各自治体とのごみ収集量比較

 精華町のごみの収集実績と京都府内の他自治体と比較した結果は、以下のとおりです。

 ※ 今回の比較は、平成27年度実績を基に作成しています。

 精華町の人口1人1日あたりのごみ総排出量(事業系ごみ・集団回収等を含む)は、京都府内で7番目に少なく、京都府平均の881グラムと比べ106グラム少ないです。

 また、廃棄物からの資源回収率(RDF・セメント原料化等除く)は、25.8%と京都府内で最も高い回収率であり、京都府平均の18.1%と比較しても、約8%高い回収率となっています。

 さらに、廃棄物のうち最終処分される割合は、京都府内で5番目に低く、京都府平均の14.5%と比べ約5%低くなっています。

問い合わせ

精華町 健康福祉環境部 環境推進課 資源循環係

電話: 0774-95-1925 ファックス: 0774-95-3974

問い合わせフォーム


ごみの収集実績のお知らせ(平成29年9月実績)への別ルート