ページの先頭です

“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~

[2017年7月12日]

“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~は、平成29年で第67回を迎えました。

「更生保護の日」である、7月1日からの1か月間は、社会を明るくする運動の強調月間です。

“社会を明るくする運動”とは?

 すべての国民が犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動で、今年で67回目を迎えます。

 安全で安心に暮らすためには、犯罪や非行をした本人が過ちを悔い改め、立ち直りに向けた努力を行うことは当然ですが、犯罪や非行が繰り返されないためには、本人の立ち直りを支える家庭や地域づくりが大切です。

 立ち直ろうとしても社会に居場所がないために、再び犯罪や非行を重ねてしまうことがあります。町では保護司、更生保護女性会員等の方々が立ち直りを支える活動をしています。

 「犯罪に戻らない・戻さない」ために、私たち一人一人が立ち直りを支える明るい社会づくりが必要です。

 

 

 

法務省ホームページ「社会を明るくする運動」

社会を明るくする運動専用サイト「おかえり。」

問い合わせ

精華町 住民部 人権啓発課 啓発係

電話: 0774-95-1919 ファックス: 0774-95-3974

問い合わせフォーム


“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~への別ルート