ページの先頭です

平成27年度臨時福祉給付金

[2015年11月26日]

平成27年度臨時福祉給付金について

平成26年4月からの消費税率の引き上げに伴い、所得が低い方々への負担の影響を緩和するため、平成27年度も「臨時福祉給付金」が支給されます。

※臨時福祉給付金の受給には、申請が必要です。給付金には支給要件等がありますので、下記をご覧ください。

※申請書は下からもダウンロードできます。

※臨時福祉給付金と子育て世帯臨時特例給付金のどちらの支給要件にも該当する場合、昨年度はどちらか一つの給付金しか受け取ることができませんでしたが、今年度は、両方とも受け取ることができます。

支給対象者

基準日(平成27年1月1日)において、精華町に住民登録があり、平成27年度分の町民税(均等割)が課税されていない方が対象です。ただし、課税されている方に扶養されている場合(税の扶養親族となっている場合)や生活保護の受給者である場合などは対象となりません。

※支給対象となる可能性がある方には、8月末ごろに申請書を送付する予定です。

支給額(1回限りの支給です)

支給対象者1人につき、6千円です。

※昨年度との金額の違いは、対象とする期間の違いによるもので、昨年度は平成26年4月~平成27年9月の1年半分でしたが、今年度は、平成27年10月~平成28年9月の1年分の期間を対象としています。

申請方法

8月末に支給対象となる可能性がある方に申請書を郵送します。

申請書に必要事項を記入し、必要書類を裏面に貼り付けて、同封している返信用封筒でご返送ください。

※申請を希望される方で、申請書がお手元に届かない場合は、役場福祉課窓口でも申請書を配布しますので、お越しください。

※申請には、申請者及び支給対象者全員の本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)の写し、申請者の通帳(受取口座の金融機関名、口座番号、預金種別、口座名義人(カナ)がわかる部分)またはキャッシュカードの写しの貼付が必要となります。これらの貼付がない場合は、書類不備となり、審査ができませんので、申請書をお返しすることになります。ご注意ください。

申請期間

平成27年9月1日(火曜日)~28年3月1日(火曜日) (郵送の場合、当日消印有効)

※福祉課窓口での受付は、平日8時30分~正午、13時~17時です。

支給決定

支給要件を満たした方は、決定通知が届き、申請書に記載した指定口座に入金されます。

※申請書の受付審査後、振込みまで約1か月~1か月半程度かかります。

※書類不備の方、対象にならない方などには、別途通知が届きます。

※支給対象となると思われる方に申請書を郵送しますが、申請書提出後に審査した結果、支給対象とならない場合もありますので、ご了承ください。

配偶者からの暴力を理由に避難している方について

配偶者からの暴力を理由に避難しているが、事情により、平成27年1月1日時点で住民票を移すことができていない方で、一定の要件を満たす方は、今実際にお住まいの市区町村に申し出ていただくことにより、次のような措置を受けることができます。

1.手続き完了後は、申し出を行った方の臨時福祉給付金の代理申請はできなくなります。

2.住民登録を行っている市区町村ではなく、今実際にお住まいの市区町村に臨時福祉給付金の支給申請を行うことができます。

※臨時福祉給付金の支給申請手続きは、申し出とは別に行う必要があります。

「振り込め詐欺」にご注意ください

・町や厚生労働省などが、ATM(銀行、コンビニなどの現金自動預け払い機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。

・ATMを自分で操作して他人からお金を振り込んでもらうことは、絶対にできません。

・町や厚生労働省などが、「臨時福祉給付金」の給付のために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。

制度の詳細については、厚生労働省のホームページをご覧ください

厚生労働省ホームページ

電子配信

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

問い合わせ

精華町 健康福祉環境部 福祉課 社会福祉係

電話: 0774-95-1904 ファックス: 0774-95-3974

問い合わせフォーム


平成27年度臨時福祉給付金への別ルート