ページの先頭です

やってみよう!省エネチャレンジでいくら節約できる?

[2018年11月16日]

地球のため、自分のために今できること

 今、地球温暖化が広がっています。そうしたなかでわたしたちが今できることはなんなのでしょうか。

 地球にとってエコなことは、家計とってのエコにもつながります。

 みなさんも身近なエコで地球にやさしく、おサイフにもやさしい生活にチャレンジしましょう!

 

みんなで省エネチャレンジ!

二酸化炭素
 

家庭でできる省エネチャレンジ!

 家庭でできる省エネとして、今使用している機器の使い方の工夫によるものや、新しく省エネ効果の高い機器に更新する

ものなどがあります。

 

〇 待機電力削減で省エネ!

省エネ

 『待機電力』とは、電化製品がコンセントに接続されている場合、


使用していないときでも消費されてしまう電力のことです。


 年間を通じて家庭で消費される電力量をみると、待機時消費電力は


全体の約6%を占めています。


 もし、すべての待機電力を削減すると・・・


なんと、年間で1世帯あたり約 6,270円の節約です!

省エネ

 【省エネ方法】



☆ こまめに主電源を切ろう!



  ⇒ コンセントから電化製品のプラグを抜く



☆ 「スイッチ付きタップ」を使おう!



  ⇒ スイッチのオン・オフのみでプラグを抜き差しする効果が


    得られて便利です

                                                                   出典:環境省「家庭でできる節電、7つのポイント」(別ウインドウで開く)

 

〇 冷蔵庫で省エネ!

☆ ものを詰め込みすぎない!

   詰め込んだ場合と、半分にした場合では・・・

   年間で電気 43.84kWhの省エネ ⇒ 約 960円の節約

   また、冷蔵庫を常に整理しておけば、食品ロス(別ウインドウで開く)も防ぐことができます。

 

☆ 壁から適切な間隔で設置しよう!

   上と両側が壁に接している場合と、片側が壁に接している場合では・・・

   年間で電気 45.08kWhの省エネ ⇒ 約 990円の節約

   冷蔵庫の上にものを置くのもできるだけ避けましょう。

 

☆ 設定温度は適切に!

   周囲温度22℃で、設定温度を「強」から「中」にした場合では・・・

   年間で電気 61.72kWhの省エネ ⇒ 約 1,360円の節約

   ※冷蔵庫内の設定温度は、JIS規格によって、冷蔵室/4℃以下、冷凍室/-18℃以下と定められています。

    基準の温度を目安に設定温度を調節しましょう。

 

〇 照明で省エネ!

☆ 電球形蛍光ランプに取り替える!

   54Wの白熱電球から同等の明るさの12Wの電球形蛍光ランプに交換した場合では・・・

   年間で電気 84.00kWhの省エネ ⇒ 約 1,850円の節約

 

   電球形蛍光ランプは、白熱電球と比べ寿命が約6倍であるとともに電気代は1/4以下です。

   購入価格は高めですがトータルで見るとお得です。

 

〇 テレビで省エネ!

☆ 画面の明るさを調節しよう!

   液晶テレビ(32V型)の画面の輝度(明るさ)を最適(最大→中央)にした場合では・・・

   年間で電気 27.10kWhの省エネ ⇒ 約 600円の節約

 

   テレビ画面は、静電気でホコリを寄せつけやすく汚れやすいです。画面が暗いと思ったら、まず、掃除をしましょう。

 

〇 エアコンで省エネ!

☆ 夏の冷房時の室温は28℃、冬の暖房時の室温は20℃を目安に!

  ・ 外気温度31℃のとき、6畳用エアコン(2.2kW)の冷房設定温度を27℃から28℃にした場合(使用時間:9時間/日)

   では・・・

   年間(使用期間:6月2日~9月21日で想定)で電気 30.24kWhの省エネ ⇒ 約 670円の節約

 

  ・外気温度6℃のとき、6畳用エアコン(2.2kW)の暖房設定温度を21℃から20℃にした場合(使用時間:9時間/日)

   では・・・

   年間(使用期間:10月28日~4月14日で想定)で電気 53.08kWhの省エネ ⇒ 約 1,170円の節約

 

   フィルターが目詰まりすると電力をたくさん消費してしまうため、こまめに掃除しましょう。

   また、扇風機を併用し、室内の空気を循環させましょう。

   ※扇風機の電気代は一般的なリビング用のもの(40W)で1時間あたり約 0.88円です。

    1日9時間使用したとしても、1日あたり約 8円です。

 

〇 電気ポットで省エネ!

☆ 長時間使用しないときはプラグを抜こう!

   ポットに満タンの水2.2Lを入れ沸騰させ、1.2Lを使用後、6時間保温状態にした場合と、

   プラグを抜いて保温しないで再沸騰させて使用した場合では・・・

   年間で電気 107.45kWhの省エネ ⇒ 約 2,360円の節約

 

   保温の際は、低めの温度に設定し、必要なときにその都度再沸騰させることで省エネになります。

 

みなさんはどれくらい省エネできそうですか??

 上記の省エネチャレンジをすべておこなうと・・・

年間で 約 16,230円の節約になります! (※あくまでも目安です)

 

 地球に良いことは、自分とっても良いことです。

 みなさんもできることから始めてみましょう。少しの気づかいで、できることはたくさんあります。

 みんなで一緒にチャレンジしてみましょう!

 

【省エネ効果の算出根拠】

 出典:一般財団法人省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」(別ウインドウで開く)

※ 金額換算係数

   1kWhあたり22円で電気代を試算しています。

 

【番外編】 新しい機器への更新

 家庭でできる省エネ方法として、現状の家電でおこなえるものをご紹介してきましたが、ほかにも省エネにつながる

方法があります。

 例えば、蛍光灯をLED蛍光灯に変えたり(※1)、古くなった冷蔵庫やエアコンなど、消費電力の大きいものを最新の

省エネ効果の高いものに買い替えると、消費電力が下がり省エネにつながります。

 (※1)安定器の交換や、浴室等で湿度の高いところに設置する場合などは、販売店で相談してください。

 

 そのほかにも、家庭の省エネについて、京都府地球温暖化防止活動推進センターが、「やってよかった省エネ冊子」

として取りまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 京都府地球温暖化防止活動推進センター 「やってよかった省エネ冊子」はこちら(別ウインドウで開く)

問い合わせ

精華町 健康福祉環境部 環境推進課 環境保全係

電話: 0774-95-1925 ファックス: 0774-95-3974

問い合わせフォーム


やってみよう!省エネチャレンジでいくら節約できる?への別ルート