不妊、不育治療費の一部助成

不妊治療や不育治療を受けている夫婦に対して、その治療に要する費用の一部を助成します。

対象者

精華町に住所を有し、京都府内に引き続き1年以上住んでいる夫婦(事実婚を含む。ただし、一般不妊治療の人工授精の治療費を申請する場合は婚姻の届出が必要)で、各種医療保険に加入している方。

助成対象治療

(1)一般不妊治療 保険適用のある治療、及び人工授精

 (2)不育治療等(いずれも保険適用のあるもの)

           不育症の原因を特定するための検査及び、不育症の治療

助成額

治療に要する被保険者負担額の2分の1で上限は下記のとおりです

    (1)一般不妊治療

1年度の診療につき、保険診療のみ申請の場合は6万円(人工授精を含む申請の場合は10万円)

(2)不育治療等

           1回の妊娠あたり10万円

申請方法

診療開始日から1年以内に、所定の申請書に必要書類を添えて直接、下記のところへ。

提出書類

・不妊治療等(一般不妊治療・不育治療等)助成金交付申請書

・一般不妊治療医療機関証明書又は、不育治療等医療機関証明書

・不妊治療等助成金請求書

請求方法

不妊治療助成金請求書を下記のところへ。

電子配信

  • 不妊治療等(一般不妊治療・不育治療等)助成金交付申請書不妊治療等助成金交付申請書
  • 一般不妊治療医療機関証明書一般不妊治療医療機関証明書
  • 不育治療等医療機関証明書不育治療等医療機関証明書
  • 不妊治療等助成金請求書不妊治療等助成金請求書

体外受精、顕微授精に対する助成制度について

 

 

京都府の制度で、体外受精、顕微授精に対する助成制度として「特定不妊治療費助成事業」があります。

詳しくは京都府山城南保健所までお問い合わせください。 【電話】72-0981

 

相談窓口の開設

妊娠や出産、不妊に悩む方を対象に相談窓口が開設されています。 どんなことでも結構ですからお気軽にご相談ください。(プライバシーは守られます。)

妊活の第一歩として風しんの抗体検査を受けましょう!

妊婦とくに妊娠初期の女性が風しんにかかると、胎児が風しんウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、そして精神や身体の発達の遅れなどの障がいをもった赤ちゃんが生まれる可能性があります。 これらの障害を先天性風しん症候群といいます。ただし、これらのすべての障がいをもつとは限らず、気づくまでに時間がかかることもあります。

免疫を持たない妊婦が風しんにかかると「先天性風しん症候群」になる確率は、妊娠1ヶ月で50%以上です。

まずは、風しんの抗体が十分にあるかを検査で確認しましょう。抗体がないまたは低い場合は風しんの予防接種を受けるようにしてください。

府保健所や一部実施医療機関にて無料で抗体検査が受けられます。ただし、過去に風しん抗体検査を受けたことがある方、明らかに風しん予防接種歴(2回以上)がある方等は対象外です。

京都府山城南保健所 【電話】72-0981・・・第2,4木曜日13時~15時(要予約)

その他の抗体検査実施医療機関については、健康推進課までお問い合わせください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉環境部 健康推進課 保健予防係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1905
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年06月17日