「子どもを性暴力から守ろう!」 パネル展

「子どもを性暴力から守ろう!」 と題したパネルを、役場交流ホール前で8月31日まで展示しています。

性犯罪・性暴力は、被害者の尊厳を著しく踏みにじる行為であり、長期にわたってその心身に重大な悪影響を及ぼします。
政府は、令和2年6月11日、「性犯罪・性暴力対策の強化の方針」を決定し、令和2年度から4年度までの3年間を「性犯罪・性暴力対策の集中強化期間」と定めました。
子どもを性暴力の当事者にしないため、学校教育等における「生命の安全教育」の幼児向け教材の一部(下記)や、警察庁ウエブサイトの「STOP!子供の性被害」のリーフレットを展示しています。

  • 口と水着でかくれるところは自分だけのだいじなプライベートゾーン
  • プライベートゾーンは人に見せたりさわらせたりしない
  • 自分も、人のプライベートゾーンを見たりさわったりしない
  • もし、プライベートゾーンをさわられたりして嫌な気持ちになったら
    →「 いやだ!」と言う、 逃げる!、 信頼できるおとなに話す!

相談先のひとつである京都府の性暴力被害者ワンストップ相談支援センター「京都SARA」のリーフレットなども置いていますので、お立ち寄りの際はぜひご覧ください。

展示風景

パネル展示

パネル1

パネル1

パネル2

パネル2

パネル3

パネル3

リーフレットなど

リーフレットなど

 

この記事に関するお問い合わせ先

住民部 人権啓発課
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1919
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年08月17日