働く妊婦・事業主の皆様へ「新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置について」

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置について

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中、働く妊婦の方は、職場の作業内容等によって不安やストレスを抱える場合があります。こうした方の母性健康管理を適切に図るために、男女雇用機会均等法に基づき新型コロナウイルス感染症に関する措置が新たに規定されました。

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に関する措置について

主治医等から指導があった場合、指導事項を的確に伝えるため母健連絡カード(母性健康管理指導事項連絡カード)を書いてもらい、事業主に提出しましょう。(様式は、母子健康手帳にも掲載されています)

事業主は、母健連絡カードに記載された主治医の指導に基づき、適切な措置を講じなければなりません。

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金について

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金が創設されました。

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉環境部 健康推進課 保健予防係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1905
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年07月15日