「なりきりAI京町セイカ」実証実験の実施について

なりきりAIスクリーンショット画像

精華町と日本電信電話株式会社コミュニケーション科学基礎研究所(NTT CS研)は、「なりきりAI京町セイカ」を精華町役場に設置し、窓口案内や観光案内などの業務をこなしつつ雑談も楽しめるAI対話システムとしての有効性の検証を行います。

実験概要

実施期間

令和3年11月5日(金曜日)~令和4年1月31日(月曜日)
午前9時から午後5時まで

閉庁日及び閉庁時間はご利用いただけません。

実施場所

精華町役場2階 待合ホール

詳細

精華町とNTT CS研は、令和2年7月より、精華町の広報キャラクターである「京町セイカ」を、「なりきりAI京町セイカ」としてAI化する取り組みを行ってきました。精華町の情報を含むデータを多数収集し、それらを学習データとして活用することにより、役場での窓口案内、精華町の観光案内や雑談などができるAI対話システムを作成しました。

この度、「なりきりAI京町セイカ」を精華町役場に設置し、窓口案内や観光案内などの業務をどの程度補助できるかを検証するとともに,エンターテイメント目的の雑談対話を住民の皆様にどの程度楽しんでいただけるかの検証を行います。

精華町では、関西文化学術研究都市の中心地であるパイロットモデル都市として、先進的な研究事業を行う研究への実証フィールドの提供を行うとともに、役場窓口における将来的なAI対話技術の活用に向けた検証の一環として本実験に参加しています。

よくあるお問い合わせ

Q.このシステムはどうやって使うのですか?
A.スイッチなどはありませんので、マイクに向かって、「こんにちは」のように話しかけてください。

Q.声をかけても京町セイカが反応しないのですが。
A.マイクが音声を拾えていない可能性がありますので、マイクに近づいて、少し大きな声でお話ください。

Q.どんな会話ができるのですか?
A.庁舎案内や観光案内、簡単な雑談に関するデータを学習させています。

Q.回答内容が間違っているようです。
A.このシステムは実験段階のため、質問内容により、回答精度に差があります。正確な情報が必要なご用件については、職員まで直接お問合せください。

Q.このシステムは、いつから精華町役場に導入されるのですか?
A.精華町では、将来的なAI導入に向けた研究として参画しているものであり、直ちにこのシステムを導入する予定はありません。

Q.休日でも利用できますか?
A.実験中のため、開庁日のみご利用いただけます。なお、令和3年11月21日(日曜日)に開催予定のSEIKAサブカルフェスタ2021では、会場内で「なりきりAI京町セイカ」との対話を体験いただけます。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 企画調整課 未来都市係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1900
ファクス:0774-95-3971
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年11月08日