減免対象期間が拡大されました【新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免について】

条例改正により、新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免について、減免対象となる国民健康保険税の対象期間が拡大されました。

新たに減免対象となった国民健康保険税の範囲について

今までは減免申請をした時点で納期限が未到来のものについてのみ、減免申請を受け付けていましたが、減免対象となる国民健康保険税の範囲について、下記のとおり改正が行われました。

改正後の基準は、令和2年2月1日から令和3年3月31日までの間に納期限(年金からの特別徴収の場合は、特別徴収対象年金給付の支払日)が定められている国民健康保険税(ただし、届け出の遅れ等により、前述の保険税に令和2年1月以前の月分が含まれている場合は、それを除く。)となります。

なお、減免制度の内容や基準、申請方法などについては、下記のリンクをご確認ください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

住民部 国保医療課 国保係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1929
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年10月01日