成年年齢引下げ後の式典について

対象年齢は「20歳」で継続します

この度、2022年4月の民法改正に伴い、成年年齢が18歳に引き下げられますが、18歳での式典開催は、参加者の多くが大学受験又は就職といった人生の選択を迫られる極めて多忙な時期であり、参加者本人だけでなく、家族も含めて落ち着いた環境で式典を祝うことは困難であるとの考えのもと、参加者が落ち着いて参加することができ、家族や旧友,地域社会との繋がりをしっかりと確認できるよう、成年年齢引下げ後も、20歳での式典開催を継続することと致しました。

また、「成人式」の対象年齢と、民法改正後の成年年齢が一致しなくなるため、「成人式」という名称の変更を検討しています。

この記事に関するお問い合わせ先

教育部 生涯学習課 社会教育係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1907
ファックス:0774-94-5176
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年11月06日