ボランティアグループ「おてだま」の協力でかしのき苑のソファーがきれいに!

福祉や趣味、ボランティアの活動で多方面で利用されているかしのき苑。 ボランティアセンターの前に設置されているソファーの汚れがひどく、かしのき苑がどうしたものかと困っていたところ、ボランティアグループ「おてだま」が専用のカバーを製作することを申し出てくれました。 おかげで、ソファーは見違えるようになり、来苑者が「新品を買ったの!」と見間違えるほどです。 「おてだま」は精華町社会福祉協議会ボランティアセンターに登録しているボランティアグループで、平成6年4月に誕生。 四季に応じた手芸作品を製作し、せいか祭りなどで発表や販売をされ、その売上金を毎年寄付活動に充てています。 今回は、売上金で布を購入し、ソファー専用のカバーを製作していただきました。 手作りの心のこもったソファーのカバー。大切に使わせていただきます。 こころからお礼申し上げます。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉環境部 社会福祉課 共生社会係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1904
ファックス:0774-95-3974

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年03月15日