新型コロナワクチンの有効期限の取り扱い

ファイザー社製ワクチンの有効期限の取り扱い

厚生労働省より、ファイザー社製ワクチンの有効期限の延長について通知がありました。

ワクチン接種時に予防接種済証等に貼り付けするロットNo.のシールは、延長前の期限を印字している場合がありますが、有効期限が延長されており、接種には差し支えありませんので、ご安心ください。

ファイザー社製ワクチン(12歳以上用)について

ファイザー社製ワクチン(12歳以上用)は、令和3年9月10日に、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間が「6ヵ月」から「9ヵ月」に延長され、令和4年4月22日に「9ヵ月」から「12ヵ月」に延長されました。

一方で、有効期限が令和4年2月28日以前となっているワクチンは、有効期間が6ヵ月という前提で有効期限が印字されています。また、「ロットNo.別ファイザー社製ワクチン(12歳以上用)の有効期限」中、「有効期間9ヵ月のロット一覧」に掲載しているロットNo.のワクチンは、有効期間が9ヵ月であるという前提で印字されています。

これらのワクチンについては、有効期間が12ヵ月まであるワクチンとして取り扱って差し支えないこととされいます。

具体的な有効期限は下のPDFからご覧ください。

ファイザー社製ワクチン(5~11歳用)について

ファイザー社製ワクチン(5~11歳用)については、令和4年1月21日に薬事上の承認がされ、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間は「9ヵ月」となっており、同年4月22日に「9ヵ月」から「12ヵ月」へと更に延長されました。

一方で、有効期限が令和4年5月31日以前となっているワクチンは、有効期間が6ヵ月という前提で印字されています。また、「ロットNo.別ファイザー社製ワクチン(5~11歳用)の有効期限」中、「有効期間9ヵ月のロット一覧」に掲載しているロットNo.のワクチンは、有効期限が9ヵ月であるという前提で印字されています。

これらのワクチンについては、有効期間が12ヵ月まであるワクチンとして取り扱って差し支えないこととされいます。

具体的な有効期限は下のPDFからご覧ください。

武田/モデルナ社製ワクチンについて

武田/モデルナ社製ワクチンは、-15℃~-25℃で保存する場合の有効期限が、令和3年7月16日には「6ヵ月」から「7ヵ月」に延長され、同年11月12日には「7ヵ月」から「9ヵ月」に延長されました。

一方で、有効期限が令和4年3月1日以前となっているワクチンは、ロットNo.3004733のワクチンを除き、有効期限が6ヵ月であるという前提で有効期限が印字されています。また、「ロットNo.別 武田/モデルナ社製ワクチンの有効期限」中、「有効期間7ヵ月のロット一覧」に掲載しているロットNo.のワクチンは、有効期間は7ヵ月であるという前提で有効期限が印字されています。

これらのワクチンについては、有効期間が9ヵ月まであるワクチンとして取り扱って差し支えないこととされいます。

具体的な有効期限は下のPDFからご覧ください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉環境部 新型コロナワクチン接種対策室(精華町新型コロナワクチン接種コールセンター)
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号 0570-056732
ファクス 0774-95-3974

更新日:2022年05月16日