精華町教育大綱を定めました

  平成28年2月26日に町長と教育委員がメンバーとなる総合教育会議が開かれ、本町の教育施策や方針を示す「精華町教育大綱」を策定しました。

  昭和43年当時に「こどもを守る町」宣言を定めた当時の精華町の人々の願いの強さに思いを馳せながら、健やかで生涯にわたりいきいきと活躍できるよう、今後4年間この大綱をもとに教育のまちづくりを進めていくこととなります。

※この大綱は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第1条の3に基づき、地方公共団体の長が定めるものです。

精華町教育大綱

前文

   いま子どもたちを取り巻く社会の状況を考える時、「こどもを守る町」宣言(昭和43年)を掲げた当時の人々の願いを思い起こさずにはいられません。

  まちの宝である精華町の子どもたちが、先人の思いを受け継いで健やかに育ち、生涯にわたりいきいきと活躍できるよう、教育のまちづくりを進め、命と希望を未来につなぎたいとの願いから、この大綱を定めます。  

基本目標

  『子どもが輝き 生涯いきいき

                  人をはぐくむ 学研都市精華町』  

5つの方針

未来を生き抜く子どもの育成

質の高い学力を育成するとともに、豊かな人間性とたくましく健やかな体をはぐくむ教育を推進します。  

学研都市を活かした教育の推進

精華町の豊かな自然や万葉の時代からの歴史をはじめ、学研都市の豊富な教育資源を活かした特色ある教育を推進します。  

家庭・地域社会の教育力の向上

子どもたちが深い愛情を注がれ成長できるよう、豊かな生涯学習の場づくりを進め、家庭と地域社会の教育力の向上を支援します。  

命を守り人権を大切にする共生社会づくり

子どもの命と安全を守り、人権を大切にし、誰もが互いに尊重して支え合う共生社会の形成に取り組みます。  

教育の質を高める環境の整備

学校教育や生涯学習の質を高められるよう、教育における人材育成や、教育環境の整備を図ります。  

精華町教育大綱

この記事に関するお問い合わせ先

教育部 学校教育課 学校教育係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1906
ファックス:0774-94-5176
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年03月15日