令和2年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書について

令和元年9月18日より、日本年金機構から公的年金について源泉徴収の対象となる方へ、『令和2年度分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書』(以降、申告書)が順次送付されます。

【注】源泉徴収の対象とならない方には、申告書は送付されませんので提出は不要です。

令和2年以降に支給される年金から源泉徴収する所得税および復興特別所得税の計算のために必要な申告書になります。
控除対象となる配偶者や扶養親族がいない場合でも、申告書の提出がない場合は多くの所得税が源泉徴収される場合があります
同封されている手引きをご確認のうえご記入いただき、必ず期限内に提出(郵送)してください

 

申告書に関するお問い合わせ先

申告書の提出についてのお問い合わせは以下の専用ダイヤルへお問い合わせください。

扶養親族等申告書お問い合わせダイヤル
電話番号

0570-081-240(ナビダイヤル) または 03-6837-9932
受付時間
月曜日             午前8時30分~午後7時00分
火~金曜日      午前8時30分~午後5時15分
第2土曜日        午前9時30分~午後4時00分

・月曜日が祝日の場合は翌開所日に午後7時00分まで。
・祝日(第2土曜日を除く)、年末年始はご利用になれません。

この記事に関するお問い合わせ先

住民部 総合窓口課 年金係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1915
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年09月01日