妊娠中の食事(減塩対策)

減塩しょう油のイラスト

塩分を摂り過ぎると、血液中のナトリウムの濃度が濃くなり、血圧を上昇させてしまいます。
また、濃度を薄めるために水分を体内にためようとし、体がむくんで足がだるくなったりしてしまいます。
特に妊娠後期になると、腎臓や心臓への負担も増えてくるので、塩分の摂り過ぎに注意しましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉環境部 健康推進課 保健予防係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1905
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年01月06日