令和2年度狂犬病予防集合注射のお知らせ

令和2年度の狂犬病予防集合注射につきまして、現在のところ以下のとおり実施予定です。

しかしながら、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大及びそれを取り巻く状況の変化により、実施を見合わせる可能性がございますので、ご了承くださいますようお願いいたします。

実施の中止が決まった場合には、改めてお知らせいたします。

なお、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、集合注射へ来場される場合には以下のことにご注意いただきますようご協力をお願いします。

  • ご自身に発熱や咳などの症状がある場合は来場をご遠慮ください。注射は体調が回復されてから、動物病院で接種してください。
  • 咳エチケットを心がけてください。
  • 他の飼い主の方と一定の間隔をとるようにしてください。
  • 予防接種終了後は、速やかに会場から離れるようにしてください。
  • 帰宅後はしっかりと手洗い、うがいをしてください。

町内各地で狂犬病予防注射の接種を受けることができます

狂犬病とは

狂犬病は、動物から人にも感染し、発症すると治療法が無く、ほぼ100%死亡する恐ろしい病気です。

現在、日本では犬などを含めて狂犬病の発生はありませんが、アジアやアフリカ地域などでは、年間50,000人以上もの死亡者が出ています。

近隣諸国では、狂犬病がまん延しており、日本への狂犬病の侵入リスクは皆無ではありません。

犬を飼われている方は、社会に対する責務として、毎年1回の狂犬病予防注射の接種を必ず行ってください。

狂犬病予防集合注射について

対象

注射実施日の時点で生後91日以上の犬

料金

3,250円/1頭につき

(内訳)

  • 予防注射料 2,700円
  • 注射済票交付手数料 550円

 

未登録で新規に犬の登録が必要な場合は、別途登録料が必要です。

3,000円〔生涯登録料〕 /1頭につき

ご注意

  • 飼い犬の体調が悪い場合は、事前に獣医師にご相談ください。
  • 会場へは、犬を十分制御できる方が連れて来てください。
  • 首輪や引き綱が外れないようにしてください。
  • 会場での犬の引き取り、鑑札の再交付などは行いません。
  • 会場での転入、転出、転居の受付はできないため、事前に届出を済ませておいてください。

【注】
犬を飼ったときには、犬の登録が義務付けられています。また、登録後、『転入、転出、転居、死亡』などの変更があった場合も届出が必要です。変更が生じた場合は、必ず環境推進課まで届出てください。

実施日

令和2年度の狂犬病予防集合注射は、以下のとおり実施しますので、ご都合のよい日・会場で受けてください。

R2集合注射実施日

注射申込書

令和2年度狂犬病予防集合注射実施のお知らせチラシ

左図の「令和2年度狂犬病予防集合注射実施のお知らせチラシ」の下部にある「狂犬病予防注射申込書兼問診票」を切り取り、必要事項を記入の上、実施会場にご持参ください。

チラシは、町役場環境推進課の窓口で配布しているほか、下部のファイルからダウンロードしてプリントアウトすることも可能です。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉環境部 環境推進課 環境保全係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1925
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年04月10日