北朝鮮による弾道ミサイル発射時の対応について

北朝鮮によるミサイル発射時には

情報伝達について

北朝鮮より発射された弾道ミサイルが、日本に飛来する可能性がある場合は、情報を政府から住民の皆様に伝達することとなっています。 情報を伝達された場合は、続報に備え、情報の収集にあたってください。

弾道ミサイル落下時には

弾道ミサイルが落下する可能性があるとの情報を受けた場合は、ただちに以下の行動をとってください。

【屋外にいる場合】

  • 近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する。
  • 近くに適当な建物がない場合には、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

【屋内にいる場合】

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

詳細はこちら

  • 弾道ミサイル落下時の行動について
  • 弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

国民保護ポータルサイト

さらに詳しく知りたい場合は、こちらをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 危機管理室 危機管理係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1928
ファックス:0774-93-2233
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年03月15日