性暴力被害の相談

性暴力とは?

あなたが望まない性的な行為はすべて性暴力です。

レイプや強制わいせつ(未遂含む)、配偶者や交際相手との意に添わない性的行為、性的虐待、痴漢、性的な嫌がらせ(セクハラ)、性的画像の撮影や拡散など、あなたが望まない性的な行為はすべて性暴力です。
性暴力の被害は、性別や年齢にかかわらず起きています。加害者の多くは“顔見知り”です。
もし性暴力にあったら、次のところにご相談ください。

緊急の場合は110番通報してください。 
 

京都性暴力被害者ワンストップ相談支援センター「京都SARA(サラ)」

京都SARA(サラ)では、専門の支援員がお話を伺い、被害を受けた方の意思を尊重し、一緒に考え、支援します。女性だけでなく男性やセクシャルマイノリティの方からの相談も受け付けています。
必要に応じて、医療機関、警察、弁護士会、行政、民間団体等と連携し、被害直後から中長期にわたる総合的な支援(医療的支援、相談・カウンセリング等の心理的支援、捜査関連支援、法的支援等)をします。
あなたの大切なからだとこころのために、まずは京都SARAにお電話ください。

  • 電話番号
    075-222-7711
  • 受付時間
    毎日24時間 (土日、祝日、年末年始も実施)
    (22時から翌日10時は内閣府が設置する夜間休日対応コールセンターにつながります。)
  • 支援内容
    ・電話相談 : 専門の支援員がお話を伺います。相談内容が漏れることはありません。
    ・来所相談 : まずは電話にてご連絡ください。
    ・同行支援 : 一人で心細いとき、関係機関等へ支援員が付き添います。
    ・支援のコーディネート : 関係機関と連携してあなたのニーズに合った適切な支援を行います。

詳細は、「京都SARA」のページをご覧ください。 

警察の性犯罪被害相談電話 「# 8103(ハートさん)」

性犯罪被害に関する相談を、毎日24時間受け付けています。

  • 電話番号
    0120-810-339  または # 8103
  • 受付時間
    毎日24時間

詳細は、性犯罪相談ダイヤル「# 8103(ハートさん)」のページをご覧ください。

性暴力に関するSNS相談 「Cure time(キュア タイム)」

  • イヤだったのにエッチされたり身体を触られた
  • イヤだったのに、裸を見せられて触らせられた
  • 2人だけの秘密と言ったのに、裸の写真をばらまかれた
  • 痴漢にあった
  • エッチの時にコンドームをつけてくれない
  • 親にいやらしいことをされている
  • 薬やお酒を飲まされて、何をされたか覚えていない

こんな悩み、抱えていませんか? チャットで相談してみませんか?

年齢、性別、セクシュアリティを問わず、匿名で相談できます。

誰かに相談内容が漏れることはありません。

・受付時間
月・水・土曜日 17時から21時

ご相談、詳細は、「Cure Time(キュアタイム)」のページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

住民部 人権啓発課 男女共同参画係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1919
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年06月13日