人権週間(12月4日から)

1950年(昭和25年)12月4日、国際連合は第5回総会において、世界人権宣言が採択された日である12月10日「人権デー」と定めました。
日本では、この日までの一週間(12月4日から10日)を人権週間と定めており、重点目標「みんなで築こう 人権の世紀 ~考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心~」を掲げ、啓発活動を展開することとしています。
近年、同和問題をはじめ、特定の人種や民族に対する差別や侮蔑的な表現、インターネット上での誹謗中傷、女性への暴力など、様々な人権侵害が発生しています。
国籍や性別に関係なく、私たち一人ひとりが「思いやりの心」や「かけがいのない命」について、改めて認識することが大切です。 あなたの家庭、職場などではお互いの人権を尊重し合っていますか。
人権週間をきっかけに人権問題を見つめ直し、一緒に考えてみましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

住民部 人権啓発課 啓発係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1919
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年03月15日