洛いも収穫間近

洛いもの収穫時期が近づいてきました。

夏の日差しと、子どもたちからたっぷりのお水と愛情をもらった洛いもはスクスク成長しています。

6月に植え付けた洛いもは、9月下旬になると、これまで葉っぱに蓄えた栄養を芋に送り届けるタイミングに切り替わります。

10月の1ヶ月は芋が土から顔を出すくらいの勢いで急成長し、11月に収穫を迎えます。

「美味しいグリーンカーテン」洛いもの輪も広がっており、役場庁舎北側の相楽郡川西土地改良区や精華町商工会でも洛いもは元気に育っています。

各保育所などの洛いもの様子をご覧ください。

【栽培のワンポイント】

(1)9月下旬になっても肥料や水をあげるとツルはどんどん伸びますが、この場合芋は大きくならないことがありますので注意してください。水やりは土が湿る程度で大丈夫です。(日照時間や仕立て等の栽培方法で違いはあります。)

(2)浅めに植えている場合、洛いもが土から顔を出し、日差しを浴びて茶色になりやすいので、土をかぶせてください。

(3) 洛いもは15度を下回ると土の中でも腐ることから、霜が降りる前に収穫しましょう。

(4)11月上旬から中旬が洛いも収穫の最適期です。

ほうその保育所

こまだ保育所

いけたに保育所

役場庁舎南側

相楽郡川西土地改良区

精華町商工会

洛いもとゴーヤの年間成長過程

この記事に関するお問い合わせ先

事業部 産業振興課 農業振興係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1903
ファックス:0774-95-3973
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年03月15日