京力(きょうりょく)農場プランの作成について

京力(きょうりょく)農場プランの作成を推進しています

持続可能な力強い農業を実現するため、高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など、農業をめぐる様々な課題について集落内の農家の方で話し合い、将来の地域農業のビジョンを描く「京力(きょうりょく)農場プラン」を作成しませんか。

京力(きょうりょく)農場プランとは

「京力(きょうりょく)農場プラン」とは、国の「人・農地プラン」に「ものづくり」の視点などを加えたもの(国の「人・農地プラン」の詳細については農林水産省HP(別ウインドウで開く) からご参照ください。)であり、これからの集落農業をどうしていくかを決める「将来の設計図」です。

集落における話合いにより決めていただく主な内容は次のとおりです。

  • 今後の中心となる経営体はどこか
  • 地域の担い手は十分確保されているか
  • 農地中間管理機構をどのように活用していくのか
  • 近い将来の農地利用のあり方はどうか
  • 中核的担い手とそれ以外の農業者(兼業農家、自給的農家)を含めた地域農業のあり方(生産品目、経営の複合化、6次産業化)

集落での話し合いの場の設定や、プランの原案の作成については町でサポートしますので、ご相談ください。

京力農場プランを作成した集落への支援

青年就農給付金(経営開始型)

地域で作成したプランにおいて、地域の中心となる経営体等として位置づけられた方のうち、一定の要件に該当する方は「青年就農給付金(経営開始型)」の給付が受けられます。詳細については、農林水産省HP(別ウインドウで開く) をご確認ください。

スーパーL資金の当初5年間が無利子化

地域で作成したプランにおいて、地域の中心となる経営体等として位置付けられた認定農業者が借り入れるスーパーL資金について、資金繰りに余裕がない貸付当初5年間の金利負担を軽減します。詳細については、農林水産省HP(別ウインドウで開く) をご確認ください。

経営体育成支援事業 農業用機械等導入支援

地域で作成したプランにおいて、地域の中心となる経営体等として位置付けられた方が、融資を受け農業用機械等を導入する際、融資残について補助金を交付することにより、主体的な経営展開を支援します。詳細については、農林水産省HP(別ウインドウで開く) をご確認ください。

  上記は一例ですが、このような支援を受けることができます。いずれの助成制度も、集落で京力農場プランを作成した上で、各補助金の要件に合致することが前提となります。

この記事に関するお問い合わせ先

事業部 産業振興課 農業振興係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1903
ファックス:0774-95-3973
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年03月15日