新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

新型コロナウイルスに感染した方が国内においても相次いで確認される中、SNS等において、感染した方やその家族、関係者、治療にあたった病院関係者、海外から帰国された方、外国人の方等に対する誹謗中傷や根拠のない差別的な書込み等が広がりつつあります。

新型コロナウイルス感染症に関して、誤った情報に基づく不当な差別・偏見・いじめ等があってはなりません。不当な人権侵害の発生を防ぐため、正しい情報に基づいた冷静な行動をお願いします。

精華町では、人権擁護委員が面談等の人権相談を実施しています。詳細は以下のリンクをご確認ください。

法務省の人権擁護機関では、不当な差別やいじめ等の様々な人権問題についての相談を受け付けています。また、日本赤十字社や政府インターネットテレビからも新型コロナウイルスや人権について、わかりやすい資料が出されていますので、ご紹介させていただきます。

1.みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル) 
0570-003-110(平日 午前8時30分から午後5時15分まで)

2.子どもの人権110番
0120-007-110(平日 午前8時30分から午後5時15分まで)

3.外国語人権相談ダイヤル
0570-090-911(平日 午前9時から午後5時まで)

この記事に関するお問い合わせ先

住民部 人権啓発課 啓発係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1919
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年05月13日