新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の事業実施状況及び効果検証の公表について

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかに必要な事業を実施できるよう創設された交付金です。

精華町においても、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用し、町内での感染拡大防止、地域経済や住民生活の支援、ポストコロナを見据えた環境整備など、本町の状況に即した事業を実施しました。

事業実施状況及び効果の検証について

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用して実施した事業については、事業終了後に、事業の実施状況及びその効果について、公表することとされています。

また、公表に当たっては、ホームページへの掲載によりその内容を一般に閲覧できるようにするなど、広く透明性を持った手法で行う必要があります。

このことから、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用して実施した事業の実施状況及びその効果について、次の通り公表します。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 企画調整課 企画係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1900
ファクス:0774-95-3971
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年10月17日