出産育児一時金について

国民健康保険に加入されている方が、出産(妊娠85日以上の出産で、死産、流産を含みます)されたときに支給されます。

支給金額

・出産児1人につき42万円となります。(産科医療補償制度制度の対象となる場合)

ただし、在胎週数が22週に達していない場合や、 産科医療補償制度制度の対象とならない場合は40万4千円となります。

・産科医療補償制度とは・・・

この制度は、通常の妊娠・分娩にもかかわらず、分娩に関連して重度脳性まひとなった赤ちゃんへの補償制度です。分娩を取り扱う病院、診療所や助産所(分娩機関)が加入します。詳しい内容や加入している医療機関等については、産科医療補償制度のホームページでご確認ください。

支払い方法

<直接支払制度とは>

病院等で手続きをすることで、出産育児一時金が国保から病院等へ直接支払われる制度がご利用いただけます。

この制度を利用された場合、退院時に窓口での出産費用のお支払いは、出産育児一時金を超えた差額だけで済みます。(出産費用より出産育児一時金が多い場合は、差額分を窓口にて申請することができます。)

<国保への直接請求>

直接支払制度を利用せず、出産費用を医療機関等へ全額支払った場合または、差額分を申請する場合は、下記の書類をご用意いただき、窓口まで申請してください。

・保険証

・認印

・出産費用の領収書、明細書

・直接支払制度の手続きに関する文書

・世帯主の預金通帳

・世帯主および出産した母親のマイナンバーが確認できるもの

 

詳しい手続きについては、ご加入の医療保険者の窓口(精華町国民健康保険にご加入の方は町役場窓口)へご確認ください。  

 

この記事に関するお問い合わせ先

住民部 国保医療課 国保係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1929
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年03月15日