観光スポット

  • ひろびろ苺ファーム

    20のハウスを有するいちご狩り園。やよいひめ、さがほのかなどを中心に、当日、最も生育状況のよいハウスに案内してくれます。

    詳細を見る
  • 華やぎ観光農園

    いちごに枝豆、すいか…精華町の季節の味覚を楽しくおいしく味わって。

    詳細を見る
  • けいはんな記念公園

    正式名称は「京都府立関西文化学術研究都市記念公園」。京都・大阪・奈良にまたがる京阪奈丘陵で整備が進む、関西文化学術研究都市の中心部に立地している。

    詳細を見る
  • けいはんなプラザ日時計広場

    けいはんなプラザの日時計広場には、学研都市のシンボルである世界一の文字盤面積を誇る日時計があります。

    詳細を見る
  • 国立国会図書館関西館

    国内外の図書約200万冊、雑誌・新聞約10万タイトルを含む1,300万点以上の資料を収蔵する大規模な図書館。閲覧室は、中庭に面した開放的な空間で、蔵書の閲覧・複写や電子ジャーナル、オンラインデータベース等の利用ができる。

    詳細を見る
  • 武内神社

    文保元(1317)年建立と伝承。246歳まで生きたという伝説を持つ武内宿禰を祀り、長寿の御利益があると言われ、毎年11月2・3日の秋祭りでは御神楽やちびっこ相撲が行われ賑わいを見せます。

    詳細を見る
  • 常念寺

    府内で数少ない融通念佛宗の寺で、創建は不明。度々戦火に遭い転々とし、寛正2(1461)年に堂宇・庫裏を建立、天保4(1833)年に再建されました。

    詳細を見る
  • お千代・半兵衛の墓

    近松門左衛門の最晩年の世話物である「心中宵庚申」(しんじゅうよいごうしん)は1722年(享保7年)に大坂で実際に起きた心中事件を題材にしたものだが、この物語の一方の主人公であるお千代は山城国相楽郡上田村(現京都府相楽郡精華町植田)の大百姓島田平右衛門の二女であったと伝わる。

    詳細を見る
  • 春日神社

    うっそうとした木々の中に、あざやかな朱色の鳥居が見え、その奥にたたずむ春日神社は、奈良の春日大社の分社として創建されたとも、若宮社殿を移したとも、伝えられている。

    詳細を見る
  • 鞍岡神社

    寛弘5(1008)年、京都北野社から勧請し創立されたといわれています。明和5(1768)年に焼失し、安永2(1773)年に再建されたことが記された棟札が伝わっています。

    詳細を見る
  • 植木屋GREEN PLAZA21

    京都府南部に店を構える隠れ家的存在の園芸店

    詳細を見る

更新日:2019年03月25日