令和元年度の年間ごみ収集量について

令和元年度の年間ごみ収集量について

令和元年度の年間ごみ収集量は、次のとおりです。

令和元年度の年間の1人1日あたりのごみ収集量は、529.8グラムと、『精華町一般廃棄物(ごみ)処理基本計画』で掲げた目標(【拠点回収・集団回収・直接搬入を除く】1人1日あたりのごみ収集量507.6グラム)を上回り、目標達成とはなりませんでした。

目標達成に向け、1人1日あたり22.2グラム(ミニトマトおおよそ1個分)を減らすことが必要です!

令和元年度家庭系ごみ収集量(単位:kg)
  燃やすごみ  カン・びん類 ビニール・プラスチックごみ  プラスチック製容器包装  粗大ごみ  ペットボトル  収集合計 
令和元年度年間回収量  5,669,880 387,270 227,360 428,290 466,130  69,570 7,248,500 
年間1人1日あたりのごみ排出量
   年間1人1日あたりのごみ排出量
 令和元年度実績  529.8グラム

令和元年度月別ごみ収集量

月別の年間ごみ収集量は、以下のファイルでご確認いただけます。

平成30年度と令和元年度のごみ総収集量の比較

平成30年度のごみ収集実績と比較した結果、令和元年度は燃やすごみと粗大ゴミの収集量が増加しています。

増加する量を年間1人当たりに換算した場合、前年度に比べ約4グラム増えていることがわかります。これは細ネギ1本程度の重さになります。

ごみを排出する私たち1人ひとりが、ごみを出す際に少しでも注意することで、減量は可能です。

また、「燃やすごみ」のごみの量は増えている一方で、プラスチック製容器包装が平成30年度から約105トン減少しています。このことから、本来リサイクルできるものが「燃やすごみ」として出されていることが推測されます。精華町のごみの分別ルールに従って正しい分別にご協力ください。

ごみ収集日程表・分別辞典

この状況を踏まえ、令和2年度は、改めて普段の生活の中で1人ひとりがごみを減らすこと、正しく分別することを意識し、少しでもごみを減らす行動をしていきましょう!

ごみ収集量比較表(単位:kg)
  燃やすごみ カン・びん類 ビニール・プラスチックごみ プラスチック製容器包装 粗大ごみ ペットボトル 収集合計
 平成30年度 5,447,270 438,470 257,420 534,020 431,400 71,610 7,180,190
 令和元年度 5,669,880 387,270 227,360 428,290 466,130 69,570 7,248,500
増減 +222,610 -51,200 -30,060 -105,730 +34,730 -2,040 +68,310
年間1人1日あたりのごみ排出量比較
   年間1人1日あたりのごみ排出量
 平成30年度  525.7グラム
 令和元年度  529.8グラム
 増減比較  +4.1グラム

京都府内の各自治体とのごみ収集量比較

精華町のごみの収集実績と京都府内の他自治体と比較した結果は、以下のとおりです。

今回の比較は、平成30年度実績を基に作成しています。

精華町の人口1人1日あたりのごみ総排出量(事業系ごみ・集団回収等※1を含む)は、京都府内で10番目に少なく、京都府平均の838グラムと比べ51グラム少ないです。

また、廃棄物からの資源回収率(RPF※2・セメント原料化等除く)は、23.7%と京都府内で2番目に高い回収率であり、京都府平均の15.4%と比較しても、約8%高い回収率となっています。

さらに、廃棄物のうち最終処分される割合は、京都府内で5番目に低く、京都府平均の13.3%と比べ約4%低くなっています。

 

※1 集団回収等には、古紙回収、廃乾電池、廃油回収などの集団回収及び拠点回収の一部が含まれます。

※2 RPFとは、木くずや廃プラスチックなどを原料に固形燃料化したもので、本町では、収集された「燃やさないごみ(ビニール・プラスチック)」や「粗大ごみ」から出てくる木くずやプラスチックごみなどから作っています。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉環境部 環境推進課 資源循環係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1925
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年06月03日