子宮頸がん予防

平成25年(2013年)4月1日から、小児用肺炎球菌・ヒブと合せて3ワクチンが定期接種になりました。

平成25年3月31日までに子宮頸がん予防ワクチンを接種した方へ

平成25年3月31日までに、市町村の助成により、『子宮頸がん予防ワクチン』を接種した方のうち、接種後に何らかの症状が生じ、医療機関を受診した方は、接種との関連性が認定されると、医療費・医療手当が支給される場合があります。

ただし、認定を受けるためには、独立行政法人医薬品医薬機器総合機構(PMDA)に請求する必要があります。

支給対象

請求した日から遡って5年以内に受けた医療に限られますので、至急請求いただきますようお願いいたします。

請求方法

具体的な請求方法、必要書類、請求書類の様式やその記載方法等については、下記の独立行政法人医薬品医薬機器総合機構(PMDA)の相談窓口にお問い合わせください。

相談窓口

独立行政法人医薬品医薬機器総合機構「救済制度相談窓口」0120-149-931(フリーダイヤル)

注意:ご利用になれない場合は、03-3506-9411(有料)をご利用ください。

〈受付時間〉 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く) 午前9時から午後5時

子宮頸がん予防ワクチンの積極的な勧奨の一時差し控えについて

平成25年6月14日に厚生労働省より通知があり、子宮頸がん予防ワクチンについて、接種後に副反応が報告されていることから、国民に副反応について適切な情報提供ができるまでの間は、積極的な勧奨(個別案内通知)を一時差し控えています。

接種を希望する場合

子宮頸がん予防ワクチンを中止するものではないので、これまでどおり定期接種として接種できますが、接種をご希望の方は、厚生労働省が作成しました、以下のリーフレット等を参考に、ワクチンの有効性とリスクを十分に理解した上で、受けてください。

接種に必要な「子宮頸がん予防ワクチン予防接種予診票」は、健康推進課で発行しておりますので、窓口までお越しいただきますようお願い申し上げます。

2価ワクチン(サーバリックス)

接種対象年齢

12歳になる年度初日から16歳になる年度末日までの女子(小学6年生から高校1年生相当)

接種回数

3回

(1カ月以上の間隔で2回行った後、1回目から5カ月以上かつ2回目から2カ月半以上の間隔で1回)

望ましい接種時期

13歳になる年度初日から末日(中学1年相当)

4価ワクチン(ガーダシル)

接種対象年齢

12歳になる年度初日から16歳になる年度末日までの女子(小学6年生から高校1年生相当)

接種回数

3回

(初回から1カ月以上の間隔で2回、2回目の接種から3カ月以上の間隔で1回)

望ましい接種時期

13歳になる年度初日から末日(中学1年相当)

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉環境部 健康推進課 保健予防係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1905
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年03月15日