年金生活者支援給付金制度について

年金生活者支援給付金は、消費税率引き上げ分を活用し、年金を含めても所得が低い方の生活を支援するために、年金に上乗せして支給するものです。

消費税率が現行の8%から10%に引上げとなる令和元年10月1日から施行され、初回の支払い(10月・11月分)は12月中旬となる予定です。

受給している基礎年金により、該当する給付金が異なります。
それぞれ支給要件を満たしている場合には給付金を受けることができます。

 

老齢(補足的老齢)年金生活者支援給付金

支給要件

以下の支給要件をすべて満たしている方が対象となります。

1.  65歳以上で老齢基礎年金を受けている
2.  請求する方の世帯全員の町民税が非課税となっている
3.  前年の年金収入額とその他の所得額の合計が87万9,300円以下である

給付額

5,000円(月額)を基準に、保険料納付済期間等に応じて算出され、次のA、B、Cの合計額が給付額(月額)となります。

A.  保険料納付済期間に基づく額
       =  5,000円  ×  保険料納付済期間  ÷  480月

B.  保険料免除期間(全額免除、3/4免除、半額免除)に基づく額
       =  10,834円  ×  保険料免除期間  ÷  480月

C.  保険料免除期間(1/4免除)に基づく額
       =  5,417円  ×  保険料免除期間  ÷  480月

 

障害年金生活者支援給付金

支給要件

以下の支給要件をすべて満たしている方が対象となります。

1.  障害基礎年金を受けている
2.  前年の所得額が下の所得基準額以下である

所得基準額
4,621,000+扶養親族の数×38万円

 

給付額

障害等級により次のとおりです。

〇  障害等級2級  =  5,000円(月額)

〇  障害等級1級  =  6,250円(月額)

 

遺族年金生活者支援給付金

支給要件

以下の支給要件をすべて満たしている方が対象となります。

1.  遺族基礎年金を受けている
2.  前年所得額が下の基準額以下である

所得基準額
4,621,000+扶養親族の数×38万円
給付額

5,000円(月額)

 

給付金を受給するにあたっての注意事項

添付書類は不要
  • 市町村からの所得情報により年金生活者支援給付金の要件を判定しますので、基本的に課税証明書等の添付は必要ありません。
        ※所得情報を確認できない場合など、提出をお願いする場合もあります。
        ※所得に関する情報について、関係法令に基づき、申告義務がある場合に、
            正しく申告する必要があります。
  • 支給要件を満たす場合、2年目以降のお手続きは原則不要となります。
  • 支給要件を満たさなくなった場合、給付金は支給されません。その際には「年金生活者支援給付金不該当通知書」が送付されます。
給付額の改定
  • 給付額は、毎年度、物価の変動による改定(物価スライド改定)があります。
  • 給付額が改定された場合には「年金生活者支援給付金額改定通知書」が送付されます。

 

 

 

制度に関するお問い合わせ先

制度やお手続きについてのお問い合わせは以下の専用ダイヤルへお問い合わせください。

年金生活者支援給付金専用ダイヤル
電話番号
0570-05-4092(ナビダイヤル)  または  03-5539-2216
受付時間
月曜日            午前8時30分~午後7時00分   
火~金曜日     午前8時30分~午後5時15分   
第2土曜日      午前9時30分~午後4時00分

※月曜日が祝日の場合は翌開所日に午後7時00分まで。
※祝日(第2土曜日を除く)、年末年始はご利用になれません。

この記事に関するお問い合わせ先

住民部 総合窓口課 年金係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1915
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年09月01日