産前産後期間の保険料免除制度

平成31年4月から、国民年金第1号被保険者の産前産後期間にかかる国民年金保険料免除制度が開始されました。
国民年金第1号被保険者が出産を行った場合、届出により産前産後期間が保険料納付済期間として将来の年金の受給額に算入されることになります。

 

対象者

国民年金第1号被保険者で出産(予定)日が平成31年2月1日以降の方

届出時期

出産予定日の6か月前からお届出いただけます

免除対象期間

出産予定月の前月(多胎妊娠の場合は3か月前)から出産予定月の翌々月まで

必要なお持ち物
  • 母子健康手帳、医療機関が発行した出産予定日等の証明書、出生届受理証明書など出産予定日の確認できるもの
  • マイナンバーの番号確認できる書類または年金手帳
  • 印鑑

注意事項

  • 「出産」とは妊娠85日(4か月)以上の分娩をいい、早産、死産、流産、人工妊娠中絶をいいます。
  • 国民年金任意加入中の方は対象にはなりません。
  • 国民年金保険料の免除・納付猶予、及び学生納付特例申請承認期間中の方も届出が必要です。
この記事に関するお問い合わせ先

住民部 総合窓口課 年金係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1915
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年10月11日