精華町若手農業者による地産地消に向けた取り組みについて

アピタ精華台店への出荷

精華町の若手農業者で組織している精華農業者会(通称:SAT)が地産地消推進の一環として、生産した農作物をアピタ精華台店の地場産野菜コーナーに出荷しています。 収穫した、旬のとれたて野菜を毎朝、生産者自ら運搬・陳列しており、売り場は大盛況とのことです。 また、コーナーには各生産者の写真が設置されていて、どんな農業者が生産した野菜なのか一目でわかり、消費者の安心にもつながっています。

この日出荷していたSATメンバー

中川氏(手前)井上氏(左奥)

生産者の手で陳列される

とれたて新鮮野菜

この記事に関するお問い合わせ先

事業部 産業振興課 農業振興係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1903
ファックス:0774-95-3973
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年03月15日