災害に備えましょう!

自宅で十分な備蓄をしておきましょう!

カンパンイラスト

大規模災害などが発生した場合、水、電気、ガスなどのライフラインが途絶えたりし、支援体制が整うまでに約3日間かかるといわれています。

その間、自力で乗り切るために、最低でも3日間程度、できれば1週間分ほどの非常食、生活用品を備蓄しておきましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉環境部 健康推進課 保健予防係
〒619-0285 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70番地

電話番号:0774-95-1905
ファックス:0774-95-3974
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年03月15日